25年ぶりのバイオリン

20140209violin2.jpg ■学生のときに、オーケストラでバイオリンを弾いていました。学生時代にオーケストラだったというと、たいがいの人たちは、私がコントラバスか、ティンパニーか、トロンボーンか…まあ、そんういう楽器(どういう楽器?)をやっていたのかと聞いてきます。しかし、違います。私の楽器はバイオリンです。とはいえ、25年程弾いていません。そのあたりの事情については、以前のエントリーをお読みください。

絃楽器MASARU
関西学院OB交響楽団のこと

■ところで、昨年のことになりますが(まだ、暑い季節…)、学生時代に私がバイオリンを弾いていたという話しをどこかで聞かれた、ある宴会の幹事さんから、「年度末の宴会では楽器を弾いてほしい!!」という強い強い要請があり、トランペットやピアノの経験のある同僚の先生2人と一緒に余興をやることになりました。とはいえ、学生時代に弾いていたオンボロの楽器では…修理も必要だし…。ということで、後輩のバイオリン職人である「絃楽器MASARU」の坂本くんから楽器を借りてきました(まあ、いずれ購入することになるのかもしれません…)。そのバイオリンで、今日は、俄か練習です。25年弾いていませんから、根本的なところで無理があるのですが、宴会の日も迫ってきていますし、瞬間的に頑張らねばなりません。

■今日は、妻にピアノで伴走をしてもらいながら、余興で演奏する曲の練習をしました。曲名は、内緒です・・・。同じバイオリンでも楽器によって性格というか癖が違いますので、楽器に身体と耳を慣らすのに時間がかかります。トホホ…な感じでした。でも練習するしかありません。本当にひさしぶりなので、左手が痛みます。左手は絃を指で押さえるのに腕を曲げますからね。借りている楽器は、イタリアのクレモナの工房で作られたとのことです。とても、明るい音がします。

Admin area