Ryukoku University Symphonic Band “SUMMER CONCERT 2021” / 龍谷大学吹奏楽部


■ 2021年7月11日(日)に、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール大ホールで「サマーコンサート2021」を開催しました。無観客、演奏はYouTubeライブで配信しました。このライブ配信をオンデマンド配信できる腰とになりました。「龍谷大学吹奏楽部 SUMMER CONCERT online」です。残念ですが、onlineで配信した楽曲の一部は、著作権の関係上、削除しています。

■今回の配信では、最初と最後が過去の演奏になっています。どうぞ龍谷大学吹奏楽部の演奏をお楽しみください。

0:02 An American in Paris(パリのアメリカ人) / George Gershwin(※過去の演奏会の映像)

19:42 コンサートマーチ『アルセナール』(Concert March “Arsenal”)/ Jan Van der Roost
29:15 カンタベリー・コラール(Canterbury Chorale)/ Jan Van der Roost
39:32 高度な技術への指標(A Guide to the Advanced Technique)/ Koichi Kawabe
45:45 Jazz コレクション Vol.2 ~ドラえもん組曲~(Jazz Collection Vol2 ~Doraemon suite~)/ Arr. Toru Kanayama
57:40 ボレロ・イン・ポップス(BORELO in Pops) / Arr. Naohiro Iwai

1:08:23 見上げてごらん夜の星を(※過去の演奏会の映像)

吹奏楽コンクール関西大会で金賞受賞、関西代表になりました。

20210823kansai_concours1.jpg
20210823kansai_concours2.jpg20210823kansai_concours3.jpg
■龍谷大学吹奏楽部、吹奏楽コンクール関西大会で金賞を受賞し、関西代表として推薦をいただき全国大会に進むことができることになりました。昨年は、コンクール自体が新型コロナ感染拡大のために中止になりました。今年は、このような状況ではありますが、なんとか開催されました。そして、一昨年に続いて、全国大会に出場できることになりました。応援ありがとうございました。

■私は、音楽的なことについては何もできません。ただ、そこに「いるだけの部長」ですが、まずはホッといたしました。昨日の朝、部員の代表である幹事長からは、「おはようございます。コンクールメンバーですが、瀬田キャンパスを出発しました。体調不良者もおらず、全員気合十分です!」との報告がLINEで届きました。頼もしかったです。新型コロナ対策のために限られた時間の中でしか練習ができなかったわけですが、練習での集中力を高めることで、なんとか厳しい状況を乗り越え、関西代表の推薦をいただくことができました。よく頑張ってこられました。

■昨日、コンクールに出場する部員の皆さんは、普段練習している瀬田キャンパスの青朋館の練習場に、大学のバスに乗って朝6時過ぎに集合しました。音出しをしてウォーミングアップ。楽器をトラックに積み込み、部員はバス2台で瀬田キャンパスを出発して奈良文化会館へ向かいました。奈良文化会館に到着すると、トラックの楽器を下ろし、チューニングです。龍大の演奏は、11時10分から。課題曲と自由曲で12分。演奏後は記念写真を撮って、楽器をトラックに積み込み、部員も12時40分には瀬田キャンパスに向けて出発しました。到着後、楽器をおろして。集合、解散…。怒涛のような1日です。部員の皆さん、ベストコンディションで演奏できるように、1ヶ月ほど前から超早起きの生活に変えているはずです。お疲れ様でした。

■先ほど、「限られた時間の中でしか練習ができなかったわけですが、練習での集中力を高めること…」と書きました。加えて、もうひとつ。自分が学生時代に所属していたオーケストラでの経験と比較してすごいなといつも思うことは、音楽監督やその他の指導者の方たちの指摘をその場できちんと理解し、すぐに演奏を修正できることです。自分たちが学生のときはそうではありませんでした。それだけ、龍谷大学吹奏楽部には、高い演奏レベルの方達が集まっているということなのでしょう。これは、すごいことだなと思っています。

■吹奏楽に取り組む多くの高校生の皆さんたちが、龍大の演奏を聞いて「自分も龍谷大学吹奏楽部で演奏をしてみたい」と強く思ったという話、これは何人もの方から聞かせてもらいました。もちろん、そういう方達ばかりではありません。高校時代はそれほど抜きんでた演奏ができたわけではないけれど、大学入学後、優れた指導者のもとで演奏のレベルを向上させた部員も多数おられます。おそらくは、大学のしっかりした支援のもとで、優れた指導者、高い演奏レベルの部員の演奏、その演奏を聞いて入学を希望する高い演奏レベルの高校生の入学…この3つがうまく好循環することの中で龍谷大学の演奏のレベルは維持されているのだと思います。もうひとつ加えるならば、保護者の皆様の理解と応援でしょうか。このよな条件が崩れたとき、それまでの演奏のレベルを維持できなくなるのではないかと思います。龍谷大学は恵まれています。部訓の「音楽」「感謝」の意味を、団体として、個々人においてもしっかり考えていく必要があります。

■部員の人数が少なく、学生が指揮をしている大学もあります。厳しい条件の中でも、真摯に自分たちの音楽作りに取り組んでおられるように思います。全ての大学が全国大会に進んで金賞を受賞することだけを目標にしているわけではありません。それぞれの目標や課題をしっかりと定めて、コンクールを演奏を研鑽していくための場としておられる大学もあるのではないかと思います。あくまで素人の個人的な意見ですが、それはそれでとても素晴らしい取り組みだと思います。私は、コンクールに参加する大学吹奏楽部の数が減っていることが気になっています(中高の吹奏楽のコンクールはあれだけ盛り上がっているのに)。当たり前のことですが、コンクールのために吹奏楽や音楽をやっているわけではありません。しかし、コンクールを自分たちの演奏レベルを向上させていく場として捉えることはできると思うのです。

「第28回夕照コンサート」


■デルタ株の感染拡大で大変厳しい状況ではありますが、吹奏楽部では感染防止を徹底して「第28回夕照コンサート」で演奏を行います。もちろん、今回はオンラインでの実施になります。どうぞ、ご視聴ください。主催は、夕照コンサート実行委員会です。今回が28回ですから、瀬田キャンパスが開設してしばらくした後から、ずっと開催されているんですね。

吹奏楽コンクール関西大会(8月22日)

■次の日曜日に奈良文化会館で開催される「吹奏楽コンクール関西大会」医学ですが、大学の部は以下の順番で演奏をすることになりました。各大学とも、演奏時間は12分以内です。演奏時間とは、課題曲の演奏開始から自由曲の終了までの時間です。課題曲はもともと演奏時間が短いわけですが、自由曲はそうではありませんが、原曲をカットして演奏することになります。このカットというのが、私には、当初はよく理解することができませんでした。まあ、限られた時間でたくさんの大学(小中高の場合は学校)の演奏を審査しなければならないので、こういうことになるわけなんですが…。

10:00近畿大学(大阪A)
10:15立命館大学(大阪B)
10:30関西学院大学(兵庫)
10:45京都橘大学(京都)
11:00(換気・調整時間)
11:10龍谷大学(京都)
11:25滋賀県立大学(滋賀)
11:40関西大学(大阪C)

■新型コロナの感染がひどくなってきていることから、観客無しでコンクールが行われます。おそらく、各大学がホールで出会うことのないように、一方通行でステージに演奏して、そのまま順番に記念写真を撮って帰ることになるのでしょう。大学の部は午前中で終了します。午後は一般の部です。ということで、審査結果もホームページで発表されることになります。通常であれば、ステージの上で審査結果が発表され、ホールのなかは受賞を喜ぶ各大学の歓声が響きわたるわけですが、今回は無観客ですからそうはいきません。

吹奏楽部のホール練習

20210813ryusui1.jpg
■昨日は、吹奏楽コンクール関西大会(22日)が開催される奈良文化会館で、丸一日かけてホール練習を行いました。本番と同じステージ上で練習を行いながら、ホールの響きを確認しつつ最終的な楽器の配置等についても決めていきました。上の写真は、練習が始まる前のラジオ体操の様子です。下の写真は、楽器の配置を検討している時のものです。曲にふさわしい楽器の響きが確保できるように、楽器の配置を入れ替えて試しています。楽器の配置もそうですが、もちろん演奏の微細な部分についても、いろいろ検討を行いました。この日は、若林義人音楽監督と児玉知郎コーチに加えて、パーカッション奏者の早坂雅子先生と京都市交響楽団ホルン奏者の澤嶋秀昌先生がご指導くださいました。ありがとうございました。

■ところで、龍谷大学吹奏楽部のTwitterのフォロワーが7500人を超えました。吹奏楽部の日々の活動については、担当の部員がTwitterの方に投稿しております。もしアカウントをお持ちのようでしたら、吹奏楽部のツイートをご覧いただくとともに、できればフォローしていただけますと幸いです。部長自らこんなことをブログに投稿するのはどうかとも思うのですが、大学生による課外活動の取り組み(演奏も運営も)としては、とても立派なレベルに到達していると思っています。もちろん、細かなことを言えばいろいろ課題はあるわけですが、それでも、部訓「音楽 感謝」を大切にして、懸命に活動に取り組んでいる様子をいつも感心しながら拝見しています。

■すでに書きましたように、来週の22日(日)はいよいよ吹奏楽コンクール関西大会です。こちらで金賞を受賞し、推薦を頂かなくては全国大会に進むことができません。しかも、推薦されるのは1校のみです。少しドキドキしています。関西大会まで残された期間は大変短いわけですが、最後のところで、さらに演奏のレベルを向上させてくれるのではないかと期待しています。どうぞ、facebookのお友達の皆様、応援をよろしくお願いいたします。
20210813ryusui2.jpg

京都コンサートホールで「ホール練習」

20210728ryusui1.jpg
20210728ryusui2.jpg
20210728ryusui3.jpg
■龍谷大学吹奏楽部、今月の13日に、サマーコンサート(びわ湖ホール)をYouTube配信により開催しました。サマーコンサートと次は、吹奏楽コンクールです 。昨年の吹奏楽コンクールはコロナ感染拡大のため中止になりましたが、今年度は開催されるようです(今のところではありますが…)。ありがたいです。サマーコンサート、夕照コンサート、定期演奏会とともに、コンクールも活動の大きな柱のひとつだからです。今年度のコンクールですが、一昨年、全国大会で金賞受賞したことから、今回の京都府大会は招待演奏となりました。コンクールでの審査は関西大会からになります。関西大会は来月ですが気合が入っています。

■昨晩は、府大会が開催される京都コンサートホールで、招待演奏の練習を行いました。私自身は、昨日、2限と4限が演習で、その後は大学院生の指導がありました。それらを終えて、そのあとはホールに急ぎました。繰り返し、このブログの投稿の中で書いてきましたが、私がいてもいなくても、練習にはまったく関係ないのです。部長とはそういう存在なんですね。でも、部員の皆さんが全国金賞を目指して成長されているプロセスに立ち会いたいという気持ちがあり、出来る限り大切なポイントは見学させていただくことにしています。

■練習は19時から始まりました。このホールの響きの特性に合わせて、楽器の配置を時々修正しながらの練習でした。いつもよりも人数が少ないのは、コンクールの実施規定で人数は55人以下と決まっていらからです。コンクール出場メンバーは、部内で実施したオーディションを通った人たちです。部員が180名ほどいますから、コンクールに出場できるのは1/3以下ということになります。なかなか厳しい現実があります。コンクール至上主義の大学もあるかとは思いますが、龍谷大学吹奏楽部はそうではありません。学生による自主運営を大切にしながら、組織のマネージメントをさらに丁寧に行ってほしいと思います。これからも、すべての部員が輝くことのできる、そして自身の成長を実感できる課外活動であってほしいと思います。

「サマーコンサート2021」、無事に終演いたしました。ありがとうございました。

20210713ryusui1.jpg
■皆さん、龍谷大学吹奏楽部の「サマーコンサート2021」をYouTubeでご視聴いただき、ありがとうございました。

■コロナのため長らく合奏ができませんでしたし、合奏が許可されてからサマーコンサートまではたった3週間しかありませんでした。午前中のリハーサルが終わった後も、演奏が困難なところについては、最後まで調整が行われました。最後のところで、グッと集中力を高めていったことで、本版では素敵な演奏を聞かせてくれました。これからは、コンクール、夕照コンサート、定期演奏会に向けて練習を積み重ねてまいります。どうか引き続き応援をよろしくお願いいたします。

いよいよサマーコンサート

■いよいよ明日は龍谷大学吹奏楽部の「サマーコンサート」が、明日、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールで開催されます。今日は前日ということで、びわ湖ホールでリハーサルが行われていま。本来であれば、部長を務めている私もリハーサルにいなくてはいけないのですが、大変残念なことに、今日はzoomを使ってこれから出版する環境社会学関係の本の編集会議が開かれており、仕事優先ということで参加することができません。明日は、朝一番でホールに向かおうと思っています。「サマーコンサート」がYouTubeで配信されます。14時半からです(配信開始は14時から)。

「ボレロ・イン・ポップス」

20210709ryusui1.jpg20210709ryusui2.jpg
20210709ryusui3.jpg20210709ryusui4.jpg
■7月11日、滋賀県立琵琶湖芸術劇場びわ湖ホール大ホールで、龍谷大学吹奏楽部のサマーコンサートが開催されます。今回は、コロナ感染のこともあり、YouTubeチャンネルにて無料・生配信をいたします。本番までは、あと2日になりました。新年度になり緊急事態宣言が出て以降は、個人練習以外行うことができませんでした。合奏ができない期間が長かったにも関わらず、部員の皆さんはよくここまで頑張ってこられたなあと思います。

■火曜日に、2限と4限と5限に授業がありましたが、仕事が終わった後、瀬田キャンパスの青朋館にある吹奏楽部の練習場に向かいました。この日の練習は、「ボレロ・イン・ポップス」でした。「イン・ポップス」とタイトルに入っていることからもわかるように、ラヴェルの「ボレロ」をポップス調(少しラテンっぽく?!)に編曲した作品です。今日も、部員の皆さんの演奏を楽しむことができました。誤解を招く言い方かもしれませんが、このように編曲された作品だと、もう少し「妖艶」にというか、ちょっと色気を出して極端に演奏しても良いのではないかと思うのですが、それは私のようなおじいさんの感覚でしょうかね。本番までに、どう仕上げていかれるのか、楽しみです。

外囿祥一郎先生の指導

20210704ryusui.jpg
■先週の金曜日、授業が終わった後、瀬田キャンパス青朋館にある吹奏楽部の練習場に向かいました。本番が迫ってきたサマーコンサートに向けての練習を見学させていただくためです。この日は、ユーフォニアム奏者として世界的に知られている外囿祥一郎先生がレッスンのためにお越しになっていました。ということで、若林義人音楽監督の依頼により、外囿祥一郎先生が、急遽、合奏の練習を指揮されることになりました。いつもとは違う指揮のもとで演奏することは、部員の皆さんにとって、大変勉強になるからです。

■曲は、ベルギーの作曲家ヤン・ヴァン・デル・ローストが作曲した「カンタベリー・コラール』(Canterbury Chorale)。前回、私がこの曲の練習を見学した時は、初めての合奏だったと思いますが、その時と比較して、今回は格段に上達していました。そして、外囿先生が指導されることで、細かな音楽の造形が明確になってきました。自分はどのように演奏すれば良いのか、譜面をそのまま吹くのではなく、自分自身のイメージをはっきり持って(考えて)演奏することの重要性を強調されていたように思います。まあ、素人の印象程度でしかないので、的確な表現でないことはお許しください。若林音楽監督や外囿先生のようなプロの指導者の指導を拝見させていただくと、私は演奏するわけではないのですが、それでもはっとすることが何度もあり、とても勉強になります。

■いよいよ、次の日曜日が本番になります。部員の皆さん、頑張ってください。コロナ禍の中でも、サマーコンサートを開催できることの喜びを噛み締め、支援してくださった全ての方達に感謝してください。龍谷大学吹奏楽部の部訓は「音楽 感謝」です。

Admin area