【相撲部】第46回全国学生相撲個人体重別選手権大会 65キロ未満級 3位入賞

20210923ryudaisumoubu.png■先月末、大学のホームページで「 相撲部 関西女子相撲選手権大会軽量級で創部初の優勝【学生部】」という記事がアップされました。第8回関西女子相撲選手権軽量級で、相撲部の正木希さん(短大1年)が1年生ながら見事創部初の優勝されたことが記事になっていました。創部初です。素晴らしいです。

■その女子の優勝に引き続き、農学部の堤航希さんが、第46回全国学生相撲個人体重別選手権大会65kg未満級で3位入賞をされました。こちらは、平成14年以来の快挙とのことです。

■同好会は賑わっているように思いますが、大学の課外活動、特に大学公式の体育会系の課外活動は、以前と比較して勢いがなくなってきているように思います。個人的な意見ですが、相撲は日本の大学全体からみてマイナーなスポーツになっているのではないでしょうか。そのような状況の中で、学生相撲で龍谷大学は男女ともに優勝・入賞する方が誕生してきたということを、私はとても喜んでいます。私自身は吹奏楽部の部長ではありますが、相撲部の皆さんの活躍を、一教員として応援していますよ。相撲好きですし。

9月19日に開催された第46回全国学生相撲個人体重別選手権大会65kg未満級に堤航希さん(農1年)が出場し、見事3位入賞を果たしました。東西の選手権から勝ち上がった者で争う大会で、本学としては平成14年以来の快挙です。10月2日には西日本学生相撲新人選手権大会、3日には全日本女子相撲選手権大会と続きます。引き続きの応援よろしくお願いいたします。


■この動画で、堤さんの取り組みを拝見することができます。15分過ぎからです。

「生理の貧困」に対する龍谷大学の取り組み。

読売テレビニュース
龍谷大学が、キャンパスのトイレに無料で生理用ナプキンを供給する機械を設置する。背景にあるのは、いわゆる「生理の貧困」だが、それだけではない。大学は今回、学校に行くのもつらいほど症状が重いなど、学生が深く悩んでいることを初めて知ったという。

卒業式

20210917sotugyoushiki1.jpg
20210917sotugyoushiki2.jpg20210917sotugyoushiki3.jpg
20210917sotugyoushiki4.jpg■今日は、様々な理由で3月に卒業できなかった、あるいはしなかった方達の卒業式でした。京都の深草キャンパスで9時半から行われました。私のゼミ生にも1人、留学やコロナ禍により今日卒業する学生がいました。ということで余裕を持って自宅を出て、ひさしぶりに大学の本部のある深草キャンパスに向かったのですが、琵琶湖線で接触事故があったらしく、私が利用する湖西線はなかなかきちんと動いてくれませんでした。結局、JRの電車は遅れましたが、京都駅からタクシーに乗り、なんとか卒業式の開始前に到着することができました。

■卒業式は、深草キャンパスにある顕真館で行われました。少し写真の説明を。龍谷大学の講堂であり礼拝堂でもあります。正面の陶板は非常に大きいものです。大学のホームページによれば、「縦5メートル、横11メートル、平山郁夫画伯の「祇園精舎」と題される釈尊説法図をもとに、平山画伯の監修により大塚オーミ陶業が制作した」ものです。旗は仏旗です。館内に入ると、正面中央には本尊が。以下も大学ホームページの説明です。「親鸞聖人ご真筆の六字名号を拡大模写して、樺に彫ったものです。この六字名号は「南無阿弥陀仏」を中央に、讃銘として上部右に『無量寿経』の第十八願(念仏往生の願)文、左に第十一願(必至滅度の願)文を、下部には同経の「大悲摂化の文」八句などを書いた小紙が添付されています。聖人84歳時に書かれ、下人の弥太郎に与えられたと言われています」。

■今日卒業したゼミ生のTくん、今は髭なんてはやしていますが(自分のことは横に置いておいて…)、来春からは大手不動産会社に勤務することになっています。コロナ禍で、思うような留学生活ができなかったことが残念なのかもしれませんが、無事に卒業できてよかったです。おめでとうございます。どうでも良いことですが、写真を自撮りすると、自分が思っているよりもおじいさんに写りますね。これが63歳の現実なのかな。

■卒業式の後、前学長で、現在は校友会(同窓会)の会長をされている赤松徹眞先生に少しだけご挨拶できました。先生とは、年に3回ほど開催される奈良県人会(龍大教職員の県人会)でお会いしてきましたが、このコロナ禍の中、県人会活動は当然のことながら自粛。親しくさせていただいている方たちにもなかなかお会いすることができません。早く、コロナ禍が収束し、2年前までの日常が戻ってきたらと願ってはいるのですが、果たしていつのことになるでしょう。また、収束したにしても、その後は、コロナ禍で社会に大きな変化が起こっており、変化が起こる以前とは同じ状態に戻ることができない、いわゆる「ニューノーマル」と言われるような状況になっているかもしれません。それが、どのような状況なのか、私にはよくわかりません。はたして、県人会の活動はきちんと復活するのか、それについてもわかりません。個人的には、復活することを強く願っています。

龍谷ミュージアム秋季特別展「アジアの女神たち」

20210829ryukokumuseum1.png
20210829ryukokumuseum2.png■龍谷ミュージアムでは、秋季特別展として「アジアの女神たち」を開催するとのことです。期間は、9月18日〜11月23日まで。以下は、公式サイトからの引用です。

ミュージアムの語源である古代ギリシャの「ムセイオン」は、もともとは芸術を司る女神(ムーサ、ミューズ)たちを祀る神殿でした。
本展では、女神たちを祀る神殿というミュージアムの当初の役割に立ち返り、アジア各地で深く信仰された女神たちを紹介します。
豊饒・多産のシンボルとして、あるいは音楽・文芸・吉祥などを司る存在として、さらには残虐な戦闘のシンボルとして、多様な願いを託された女神たちの姿をご覧ください。

■私は、この特別展の最後、「第5章 第5章 観音になった女神」に一番関心を持っています。この展示は、「男性であった観音が、女性的な変容を遂げる流れを見ていきます」と解説されています。思い起こせば、世界史の教科書等に登場するガンダーラの観音は男性なのですが、中国に伝わるとどういうわけか女性っぽく変化していきます。なぜなんだろうな〜とずっと思っていました。絶対に行きたいんですけど、コロナ感染はどうなっていくのか…、行けるのかな…。心配です。

「レベル3」へ

■勤務している龍谷大学、新型コロナウイルス感染防止の為の行動指針を「レベル3」にしました。「レベル2」から「レベル3」へと引き上げたわけです。「レベル3」になって困ることは、実習等、学外に出る学習や活動ができなくなることです。

■夏期休暇になっても、地域連携型の教育プログラム「地域エンパワねっと・中央」(社会共生実習)を履修している学生たちは、秋から冬にかけて実施する活動の準備を進めてきました。zoomやLINEも活用しながら、地域の皆さんや行政の職員の皆さんとも連絡をとってミーティングを重ねてきました。さて、これからというときに、学生たちは、基本的に学外に出ることができなくなってしまったのです。仕方ないわけですが、非常に辛いです。非常に残念です。

■期間は、とりあえず8/19〜9/12まで。その他にも、オンライン授業と琵琶湖博物館の展示室での対面式授業のハイブリッドで実施する「びわ湖・滋賀学」にも影響が出てきました。今日は、そのことを博物館側に連絡をしました。代替手段を考えなくてはいけないからです。これも辛いですね。

■この調子だと、後期の授業も「レベル3」になるのかな。非常に心配ですね。ただ、学外と連携して進める授業では、「仕方ありませんね…」とオンライン授業にその全てを代替することはできませんので、なんとか知恵を絞らないといけません。

龍谷大学社会学部「環境社会学」専任教員(准教授または講師)の公募

■龍谷大学社会学部では、環境社会学の専任教員(准教授または講師)を公募しています。

募集要項
教員公募様式

第1回目のワクチン接種

20210730moon.jpg ■昨日、第1回目のワクチン接種(ファイザー)を行いました。9:45から近くの病院で打ってもらいました。チクリとするだけで、あっという間でした。接種後、15分だけ病院で様子を見て帰宅しました。しばらくの間はなんともありませんでしたが、午後から、多くの皆さんが経験されたように、ワウチンを打った左腕の付け根あたりが筋肉痛のように痛くなってきました。人によっては、四十肩とか五十肩に近いと表現されていますが、私はどちらにもなったことがないのでよくわかりません。念のために、ちょっと横になりましたが、寝返りを打って左を下にすると痛みを感じました。今朝は腕の付け根にまだ痛みが残っていましたが、発熱や頭痛等、その他の副反応は出ませんでした。今のところですけど。

■このようなことをfacebookに投稿すると、多くの皆さんが関心を持っておられるせいか、いろいろアドバイスや経験談をいただくことができました。報道でも言われていますが、2回目の方が副反応がひどいようですね。発熱、悪寒、頭痛、倦怠感、関節痛…。ある人は、2回目を接種する際には、できる限り、次の日は休める体制を作るべきだと言っておられました。そうですよね。私の場合は、2回目は来月の半ばあたりになります。また、寝床には大量の水分を用意することを推奨されていました。スポーツドリンクやお茶かな。また、解熱剤についても品薄が続いているので、早めに用意しておいた方が良いとのことでした。

■私は当初、大学での接種を考えていました。大学拠点接種です。ところが報道されているように、ワクチンが届かなくなり延期になりました。文部科学相からは、「接種開始日が8/16以降になる」旨の連絡があったようです。だいぶ先のことですね。というわけで職場での接種を諦め、近くの病院での接種に切り替えました。幸いなことに、すぐに受け付けてもらえました。いったい、ワクチンの供給ってどうなっているのでしょうね。
(本文と写真は特に関係ありません。)

樹心館へ行ってみよう!


■龍谷大学宗教部の動画です。GoProなどのアクションカメラで撮影したものを早回し再生したものとのことです。この動画をYouTubeで観ていて、学科は違いますが同じ学部の同僚の三谷はるよさんが講演をされている動画をみつけました。

石原先生とランチ

20210716ishihara1.jpg ■最近、こういうことをよく聞きます。「組織がギスギスしているでしょ。『自分の仕事を増やすな』って感じでちょっとお互いに疑心暗鬼になって牽制して信頼も希薄になって。一緒に隙間を埋めていこうという気持ちもないでしょ」。これは特定の組織だけでなく、いろんな組織で共通していることのように思います。

■組織の中で働く人は増えないけれど(人件費は抑制される)、やらないといけない(とされる)仕事は増えて、心身ともに余裕がなくなり、個人間で、部署間でお互いに仕事を押し付け合うようなことが生じてしまいます。いろいろ便利になって仕事が合理化されているはずなんですが、実際には仕事は増えているのではないでしょうか。その全てが本当に必要な仕事であるのかどうかも、かなり怪しいわけです。最近は、「ブルシットジョブ」(クソどうでも良い仕事)という言葉を頻繁に目にします。多くの人びとが、働きながらそのことを実感しているのではないでしょうか。

■ところで、昨日は上に書いたようなこととは、反対のことが起きました。先週のことですが、キャンパス内で、偶然に農学部の石原カルロス健吾先生とお会いしました。コロナのためとはいえ、なかなかお会いするチャンスはありませんでした。すると石原先生の方から、「ランチでもご一緒しませんか」というお誘いがありました。というわけで、昨日は、社会学部の校舎である6号館の「社会共生実習支援室」の方に、昼食持参で石原先生にお越しいただきました。短い時間でしたが、いろいろお話をすることができました。

■昼食をとりながら、私の方から、ちょっとした提案をさせていただきました。農学部の学生の皆さんが活躍できるんじゃいのなかと思った地域活性化の活動を紹介させていただきました。石原先生には、大変前向きに受け止めていただきました。早速、石原先生と地域活性化の活動をされている方とを、おつなぎすることにしました。石原先生からは、「楽しいひとときをありがとうございました!やっぱ、こういうのが必要ですね〜😊」とSNSを通してお返事をいただきました。そうなんですよ、こういうことが必要なんですよ。「仕事を押し付けあう」ようなこととは真逆のこと、組織の壁を超えて、新しい「仕事」、本当に組織の発展に必要な「仕事」に一緒に取り組むこと、必要だと思うんですよね。
20210716ishihara2.jpg

「龍谷大学卒業生就職支援サービス」

202106syusyokusien.png
■卒業生の皆さんへ。龍谷大学では、卒業された皆さんの就職支援も行っているようです。年齢の制限とかあるのかどうか、その点についてはわかりません。龍谷大学のキャリアセンターの方にお問い合わせの上、「龍谷大学卒業生就職支援サービス」にご登録いただければと思います。こちらからご覧ください

■自分の働く職場が、卒業生の人生をも応援できる大学であって欲しいと思っていますので、こういうサービスは広く卒業生の皆さんに知っていただきたいと思っています。

「龍谷大学卒業生就職支援サービス」への登録について
新型コロナウイルス感染症への対応といたしまして、本サービスへのご登録については、 次のとおり受付を行っています。
① 龍谷大学キャリアセンター(深草・瀬田)及び大阪梅田キャンパスでのご登録
※室内の密を避ける為、事前に電話にてご連絡ください。
龍谷大学キャリアセンター(深草)
【開室時間】 平日 9:00~17:00(火曜日は10:45~17:00)
【閉   室】 土曜日・日曜日・祝日
【T  E  L】  075-645-7878
龍谷大学キャリアセンター(瀬田)
【開室時間】 平日 9:00~17:00(火曜日は10:45~17:00)
【閉   室】 土曜日・日曜日・祝日
【T  E  L】  077-543-7735
龍谷大学大阪梅田キャンパス
【開室時間】 平日 10:00~18:00
【閉   室】 土曜日・日曜日・祝日
【T  E  L】  06-6344-0218
※学内行事等により閉室する場合があります。最新の情報は、龍谷大学ホームページでご確認ください。
② 郵送でのご登録
以下のファイルをA4用紙に出力のうえ、必要事項にご記入いただきキャリアセンター(瀬田)まで簡易書留にてご郵送ください。 ※申請の際は、身分証明書のコピーと返信用封筒(切手貼付)も必要です。
龍谷大学 卒業生支援 利用登録申請書【郵便申込用】(ファイル形式pdf サイズ180kb)
【郵送先】
〒520-2194
大津市瀬田大江町横谷1-5
龍谷大学 キャリアセンター
龍谷大学卒業生就職支援サービスとは
龍谷大学卒業生就職支援サービスは、就職に向けた効果的な各種セミナーの開催、 求人情報のご提供、キャリアカウンセリング等を通じた就職マッチングを実施し、 龍谷大学の卒業生のみなさんの就職活動をサポートさせていただきます。
新着情報
2021年06月10日
【龍谷大学 学内企業説明会開催】
1.日 時 : 2021 年 6 月 22 日(火)、6 月 24日(木)、6月25 日(金)(3 日間) 各日 1 社

2.開催形式 : Zoom を使用してのオンライン・ライブ説明会

3.対 象 者 : 既卒生及び2022 年 3 月卒業・修了予定生(学部生、大学院生、短大生)

<参加企業>
・6/22(火) 日本梱包運輸倉庫株式会社
・6/24(木) 株式会社湯山製作所
・6/25(金) 関電コミュニティ株式会社

参加希望の方は、以下項目を明記いただき、卒業生就職支援サービスまでメールにてご連絡ください。

<記載項目>
氏名、フリガナ、ご卒業年度、学部・学科、当時の学籍番号

<ご連絡先>
龍谷大学卒業生就職支援サービス
info@ryukoku-alumni-cs.org

Admin area