一日地球研

20170425chikyu1.jpg
20170425chikyu2.jpg20170425chikyu3.jpg
■24日(月)は終日、京都市の上賀茂にある「総合地球環境学研究所」で仕事でした。午前中は、研究プロジェクト「オープンサイエンスと社会協働の融合に基づく琵琶湖流域圏水草資源活用コミュニティーの形成」(三井物産環境基金研究助成)の会議に初めて出席しました。このプロジェクトの代表である近藤康久さんは、現在、地球研で「知の接合:社会―環境相互作用の共同研究における問題認識のずれを乗り越える方法論」という予備研究(FS)の責任者もされています。

■ところで、なぜこのプロジェクトの会議に出席したのかといえば、参加している地球研の研究プロジェクトがこの外部資金による研究プロジェクトと連携しているためです。初参加ではありましたが、いろいろ意見を言わせていただきました。厚かましくてすみません…。また、この会議に参加している方たちから、朽木の針畑のこともお聞きすることができました。地球研の別の研究プロジェクトの研究員をされている関係から、この朽木の地域にお詳しいのです。針畑にルーツを持つゼミの卒業生、坂本昂弘くんのご一家にお話しをお聞かせいただく予定にしていることから、何か偶然以上のタイミングの良さを感じました。ありがたいことです。

■午後からは、プロジェクトの研究員の皆さんと一緒に、草津市の平湖・柳平湖の調査に関する引き継ぎとディスカッション。非常に面白かったです。丁寧な引き継ぎの説明を受けながら、いろいろ頭の中に閃めくことがありました。示唆的でもありました。いよいよ、平湖・柳平湖での調査が本格化して行くわけですが、その準備も、着々と…とはいえないのですが少しずつ進んでいます。写真の表彰状ですが、プロジェクトの研究員である石田卓也くんの地域での活動が表彰されていました。知りませんでした。おめでとう、石田くん。外に出ると、プロジェクトの調査地の田んぼから採集してきたタイコウチがプラスチックの水槽の中にいました。調査地の農村では農作業が本格化して行くわけですが、それとともに農家との共同調査もうまく行くと良いなと思っています。

李広志先生(寧波大学外語学院日本語学科)のブログ

20170405ningbo1.png
20170405ningbo2.png
■先月、中国浙江省寧波市にある寧波大学外語学院日本語学科を訪問しました。その時のことは、「寧波大学外語学院(中国・浙江省・寧波市」(3月27日)として投稿しました。そのエントリーにも書きましたが、急遽、日本語学科の教員で友人でもある李広志先生の授業で講演をすることになりました。その時のことを、李先生ご自身も中国のミニブログに投稿されており、先日、メールでお知らせくださいました。李先生が使っておられるのは、中国最大のSNSであるWeibo(微博)です。

■私は中国語ができませんが、ネットの翻訳機能を使って理解すると、およそ次のような内容のようです。

龍谷大学の脇田健一教授が来訪されました。そして、学生達のために一回だけですが、すばらしい講義をしてくれました。彼自身は社会学の教授です。高齢社会、老人の貧困の問題、子供、医療、女性、精神の幸福などの問題を講座の中で取り上げました。10年前に、私たちは、脇田教授と力を合わせて東アジアと寧波地区の葬儀と埋葬の風習に関して研究したことがあります。彼は学生に対して、言語を一つの道具であり、その道具を活かして専門性を身につけてはどうかと勧めました。言い換えれば、言語は包丁であり、専門性は食材です。

■やはりネットの翻訳機能だとわかりにくいですね。最後のところですが、日本語を勉強している学生たちに、その語学力を活かして、日本に留学して語学とは別の専門性を身につけるようにしてはどうか…ということを勧めたのです。その際、語学=道具=包丁と、専門性=食材という比喩を使ったので、その時のことを説明されているのだと思います。よく切れる包丁を持つことを最終的な目標にするのではなくて、そのよく切れる包丁を使って食材を切ったり刻んだりする事ができるようになることが大切なのでは…ということでしょうか。

列車運行情報プッシュ通知アプリ

20151229jr.png ■JR湖西線の最終電車に乗ったものの、強風のため途中で動かなくなった…。前回のエントリーでは、そのことを書きました。湖西線が風に弱いってことを知っていましたが、これまで住んでいた奈良ではそのような経験をすることがありませんでした。まあ、そんなわけでfacebookに投稿したところ、やはり湖西線沿いにお住いの知り合いのMさんが、「JR西日本 列車運行情報ブッシュ通知アプリ」というものを教えてくださいました。

「JR西日本 列車運行情報 プッシュ通知アプリ」は、JR西日本管内の在来線(特急列車を含みます)および新幹線の列車の運行に関する情報を提供するアプリです。ご希望の路線を登録していただくと、登録した路線で列車の遅れなどが発生した際に、お客様の端末に運行情報がプッシュ通知されます。プッシュ通知では、路線・時刻・運転状況のほかに、状況が確認できれば、影響区間や原因、運転見合わせ時の再開見込み時間や振替輸送の実施についてもお知らせします

■ということで、JR西日本の「湖西線」、「琵琶湖線」、「京都線」、「神戸線」、「草津線」の5つを登録してみました。いずれも通勤や仕事で使う頻度の高い路線です。このアプリをインストールしていれば安心というわけにはいきませんが、突然、びっくりするようなことはなくなります。早めに、別のルートで移動することも考えることもできますからね。ところでMさんは高島市の農村部にお住まいですが、防災無線があり、区長さん経由で様々な情報が流れてくるのだそうです。その中には、JRの運行情報もあり「JR近江今津駅からのお知らせです。」という感じで地域に情報が共有されているそうです。

家族だけのSNS「wellnote」

20150907wellnote.png
▪︎今年、84歳になった義父が、iPadに挑戦中です。妻が「iPhone6」をみて、義父が関心をもったということが事の始まりです。妻に、「それ、いくらかかるねん?」と尋ねたのです。ということで、妻は「これは、欲しいのだな」と考え、義父に「iPad air」にプレゼントしました。これを使って、脳みそを使ってもらおうということのようです。ということで、この「iPad air」に、うちの子どもたち(=孫たち)や義妹の子どもたち(=孫であり、私にとっては甥たち)と、日常的に交流してもらうために「wellnote」という「家族限定のSNS」をインストールしてみました。

▪︎この「wellnote」という「家族限定のSNS」のことを、初孫にデレデレになっている年上の同僚 H先生から教えていただきました。これを使って、東京にいる息子さん夫婦&孫娘の赤ちゃんと交流されているようです。「wellnote」は、簡単でとても使い易いです。「facebook」や「LINE」はややこしくて無理でも、これだと義父にも使えそうです。義父は、昨日、さっそく「iPad air」で写真を撮って「wellnote」にアップし、孫たちと交流していました。ちょっとした「親孝行」なのかもしれませんね。「家族限定のSNS」だけでなく、インターネットを楽しんでもらいたいと思います。

#‎FacebookIs10

20140206facebook.jpg
私のfacebookムーピー
■動画をみてみました。キーワード的にひろあいげていけば、「北船路米づくり研究会」(ゼミの活動)、「利やん」(ホームグラウンドの居酒屋)、「大津エンパワねっと」(学部の地域連携教育プログラム)、「家族」、「学生」、「甲子園」、「ビール」、「餃子」、「マラソン」…。自分でも思いますが、なんだか、とってもわかりやすい人生ですね〜w !!

2013年の「自分新聞」

20131226jibun.jpg
■facebookに「自分新聞」というアプリがあります。このアプリ、2013年に投稿しした記事のなかで、facebookの「友達」から「いいね!」をいただいた数が一番多かったものがトップ記事になります。あとは、月ごとの「いいね!」が多い記事をリストアップしたり、どの「友達」からの「いいね!」が多かったかを示すランキングや、投稿数や「いいね!」の数を折れ線グラフとして表示したり、さらには投稿した記事のなかで一番使用頻度の闘った単語を流行語としてランキングしたり・・・そんなこんなを、新聞風の一枚の画像にしてくれます。記事のなかには、某大学の先生や、先輩、元上司、職場の仲間…いろんな方たちが登場されます。記事は、自動的に、面白おかしいものに仕上げられています。お名前が登場した方たちには、失礼な感じになるかもしれませんが、「お遊び」と思ってご容赦ください。

■トップ記事は、「卒業式」でした。また、流行語大賞も1位が「大津エンパワ」、2位が「北船路米づくり」、3位が「龍谷大学社会学部」。あれ~、みんな仕事がらみのものばかりです。facebookは、個人的なものではありますが、大学で取り組んでいる仕事のことをよく投稿するものですから、このようなランキングになってしまいました。なんだか、少し寂しいものがありますね。

■とはいえ、いろんな皆さんに「いいね!」をいただきました。ありがとうございました!!

龍大facebookページのカバー写真

20130603seta.jpg
■龍谷大学のfacebookのカバー写真、更新され、新緑の瀬田キャンパスになりました。
龍谷大学facebookページ

20130603seta2.jpg
■私も、緑が美しい瀬田キャンパスを撮ってみました。学生交流会館から外周道路の街路樹を写したものです。

自分新聞2012

20121226facebook.jpg
■facebookのお遊びアプリで作成した「自分新聞」。今年の投稿や、投稿に対する「いいね!」から自動的に製作されるようです。なんだか、ひどい文章もありますが、まあ、お遊び、冗談で年末を笑いと飛ばす…という趣旨でしょうかね。

■一応、トップの写真は、10月末の「びわ湖高島栗マラソン」(ハーフ)を力走しているときの写真です。マラソンへの挑戦は、54歳の今年の夏から始めましたから、そういう意味ではトップの写真に相応しいかも…ですね。ちなみに、今年一番「いいね!」をいただいたfacebookのお友達は、理工学部の塩見先生でした。ありがとうございます。

私にとってのソーシャルメディア4-「facebook」

私にとってのソーシャルメディア3-「twitter」の続きです。

20120811facebook.jpg「ホームページ」「ブログ」「地域SNS」「twitter」、それらが自分にとってどのような経験だったのかを説明してきました。次は、「facebook」です。

■「facebook」も、最初は、まったく関心がありませんでした。コンセプトもよくわかりませんでした。「facebook」の自分のタイムライン(facebook上で自分史を残していくような感じの機能でしょうか…)を確認してみると、私が参加したのは、2010年の10月5日です。「情報弱者」にならないように…という思いもあり、人に進められて登録したのでした。ただし、使い方やコンセプト自体も、あまりよく理解できませんでした。ということで、登録はしたものの、そのまま放置したままの状態が続きました。

■2010年の年末。『TIME』紙の表紙に1人の若者の写真が掲載されました。「facebook」の創始者であるマーク・ザッカーバーグ。「Person of the Year 2010」として、ザッカーバーグが選ばれたのです。『TIME』は「5億以上の人々を結びつけて社会的なつながりを作り出し、情報交換の新しいシステムを作り出し、そして私たちすべての生活を変化させたことで、マーク・エリオット・ザッカーバーグはTIMEのPerson of the Yearに選ばれた」と、その選定理由を説明しています。なるほど、それほど話題になっているのならば、私のような者にもfacebookの情報が入ってくるわけですね。

■年がかわり2011年になりました。お正月に、東京在住の建築家であるfuRuさん=古川泰司さんから、「わきたさん、今年はfacebookを活用されてはいかがでしょうか。わきたさんこそ、facebookの大きな可能性を引き出されるのではと勝手に期待しております」というメッセージをブログを通していただきました。「豚もおだてりゃ木に登る」式に、それでは…と、再度「facebook」に取り組み始めたのでした。古川さんは、これまでの私のブログ等での様子をご覧になっておられるので、「積極的に、ソーシャルメディアでいろんな方たちと交流しようとしている脇田には、このfacebookが向いている」と判断なさったのではないかと想像しています。

■私にとってソーシャルメディアの重要なポイントとは、ネット上での「交流」がリアルな「交流」につながっていくことにあります。

「ホームページ」:このホームページには、ブログ機能があるのでコメントをいただくこともできるのですが、やはり基本的には一方的に情報を提供という形になります。ご覧いただく方も、様々だと思います。ここから直接的になにか「交流」が生まれることはあまりないように思います。

「ブログ」:「ブログ」も様々な方たちにご覧いただけるわけですが、私のばあいは、他の皆さんのブログにコメントを書かせていただくことで、いろんな方たちと「交流」が生まれました。「共通の関心事」をもとにした「交流」です。実際にお会いすることにもなりました。楽しいイベントをに参加することもできました。

「地域SNS」:具体的な「地域社会」を基盤にした「交流」です。私のばあいは、そのような「交流」が農村活性化につながりました。

「twitter」:もちろん特定の知人や学生の皆さんとの「交流」もあるわけですが、私のばあいは、どちらかといえば不特定多数のみなさんからの情報収集と、自分の地域貢献活動に関する情報発信が中心になっています。この「twitter」での情報発信が契機となって、大学の学長室広報の皆さんにも、ゼミの活動である「北船路米づくり研究会」のことを知っていただき、広報に関して様々なご支援をいただきました。もっとも、「創造性」という意味では「価値」のある情報発信をしているわけではありません。「twitter」とどうつきあっていくのか、私にもまだよくわからないところがあります。

■ということで「facebook」です。一番驚いたのは、少しだけ存知あげている程度…の職員や教員の皆さんとも「交流」が生まれたことです。「facebook」には、職場や組織内の「交流」を促進し、人間関係を豊な安定したものにしていく機能があることがわかりました(もっとも、これは使い方次第ではありますが…)。仕事でしか接することがなかった方たちの趣味や日々の出来事の投稿をみていると、人柄のようなものが伝わってきます。これは、他のソーシャルメディアでは経験することがなかった機能です(働いている組織が共通基盤になります)。また、組織内の仕事上の関係を強化していく上でも、大変役立っています。ゼミ活動の一環として「北船路米づくり研究会」を主催していますが、その専用のページも作成しました(同僚が作成した「大津エンパワねっと」のページも)。ここに残してある記録を、学内の職員・教員・学生の皆さんにご覧いただいています。「グループ」の機能も面白いですね。全国の大学職員の形が集まったあるグループがあるのですが、皆さんの真剣な議論や情報交換は大変勉強になります。「facebook」が広い意味で仕事に使えるツールであるわけです。

■もちろん、「仕事」以外でも、「facebook」は役立っています。私は地域活動や地域貢献にかなりのエネルギーを使っていますが、そのような私にとって、大津や滋賀の「地域づくり」や「地域活性化」に関係する皆さんの日々の様子や活動について「facebook」を通して知ることは、大変意味のあることです。また、「グループ」の機能は、仕事だけでなく趣味の上でも楽しめるツールでもあります。たとえば、鉄道マニアの皆さんのグループでの熱い投稿に、鉄道の奥深さを益々感じています。また、大学時代のサークルのつながり、そしてゼミの卒業生との交流…。「facebook」は、なかなか考えられたソーシャルメディアのような気がします。もっとも良いことばかりではないはずです。個人情報、プライバシーをどのように守りながら、「交流」を深めていくのかは、非常に重要な問題です。このあたりのことも、意識しながら、今後も、「facebook」を使いこなせていければと思っています。

私にとってのソーシャルメディア3-「twitter」

「私にとってのソーシャルメディア2-「地域SNS」の続きです。)

20120811twitter.jpg ■「ホームページ」、「ブログ」、「地域SNS」と一通り経験した段階で、次に出会ったものが「twitter」です。

■「twitter」は2009年の夏から始めました。なぜ始めたのか…。それは、ブログで交流のある東京在住のブロガーの皆さんが、モノは試しにと「twitter」を開始しされたからです。最初は、良く使い方がわかりませんでした。「とりあえずフォロワーを100人以上に増やすべし」という情報を耳にして、フォロワーを増やしてみました。すると、様々な情報が入ってくるようになりました。芋ずる式に、自分が関心のある情報を発信している方たちをフォローしていくと、結果として、自分もフォローされるという経験をしました。

■学生たちに「twitter」をやっていることの理由を聞くと、「暇つぶし」「友達との遊び」といった返事が返ってきます。なるほど、そういう使い方もあるわけですね。ただし、「twitter」はクローズドな「mixi」とは違って世界中の人に情報が流れていきます。仲間内の「憂さ晴らし」「噂話し」のような発言が、意図していなくても、いろんな意味で良くない事態を生み出してしもうことがあります。学生たちは、「フォロワーが少ないのだから問題ない」と平気なようですが、はたしてどうでしょうか…(たまに、新聞に載るような問題に発展することがあります)。ソーシャルメディアの使い方には、十分に注意していただきたいと思います。

■私のtwitterについての考え方。以前、個人ブログ(「Blog版 環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」)に「twitterとウッフィー」というエントリーを投稿したことがあります。以下に、そのエントリーを転載します。

———個人ブログ(「Blog版 環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」)からの転載————————-
■最初は意味がよくわからなかったのですが、少しずつtwitterに慣れてきたような気がします(しかし、頭文字はtなのかTなのか…まだよくわかっていませんが)。フォローする方の人数が増えれば増えるほど、タイムラインに、どんどん「つぶやき」がながれてきます。最初は、どういうわけだか、「ひとつひとつ読まねば…」という意識がありましたが、これだけの数になるとそんなことは無理です。少し時間が経過すると、すぐに100以上の「つぶやき」が溜まっています。そうなると、ほとんど見ないことになります。時間ができて、皆さんの「つぶやき」を拝見するときも、なんだかシャワーをサーッとあびているような感じになります。しかし、「それでいいのだ」という感覚を持てるようになりました。今日も、twitterを見ていて、面白い「つぶやき」に気がつきました。shumai さんという方の「つぶやき」です。こんな感じです。

——————
shumai
「ツイッターノミクス」読み終わりました。ウッフィーはお金と違って貯めておいては意味がない、どんどん与えなくては!なぜか心が温まった一冊です。 http://bit.ly/bJHYxa Amazon
——————
shumai
「ツイッターノミクス」を読んで思ったこと。今までの自分のオンライン活動は無駄な時間つぶしではなくて人にウッフィーを与えることができていたとしたらと考えると、自分を肯定してもらえたようで、すごく心があたたまりました。お金にならないことが即無価値ではないのだと。 #twnomics
——————

■たまたま、なのですが、サーッとながめていたら、このshumaiさんの「つぶやき」が目に留まりました。瞬間的に、なんだか社会学でいうところの「贈与」や「社会関係資本」(ソーシャル・キャピタル)に関係する話なのかな…と理解しました。まあ、仕事柄ということなんでしょうが、ふだんから脳みそがそういう情報に敏感になっているので、目にとまったんでしょうね。う~ん、なんだかこういうふうに、突然、自分が潜在的に求めている情報と出会えるのも、ひとつの「ご縁」なのでしょうね。いや~、ありがたいです。

■ということで、さっそく『ツイッターノミクス』という本のこと、そして「ウッフィー」という概念について、調べてみることにしました(いや~世の中の動きが早すぎて、歳のせいか新しいことについていけません)。以下のような記事が目にとまりました。「Tech Wave.jp」というサイトの「「ツイッターノミクス」の著者タラ・ハントさんと津田大介さんのトークイベントに参加して【三橋ゆか里】」という記事です。ぜひ、お読みいただければと思いますが、この記事のなかに出てくる「ウッフィー」という概念について、少しだけ引用しておこうと思います。
——————
そもそも「ウッフィー」ってなに?
ウッフィーという言葉は、著者のタラさんが創りだした言葉ではなく、彼女がすごく影響を受けたというコリイ・ドクトロウ著の「マジック・キングダム」というSF書で登場するソーシャル・キャピタルです。その物語に通貨は存在せず、人の評価を表すために「ウッフィー」が使われています。ウッフィーのスコアが高い人は信頼され、その結果としてネットワークを持っています。ウッフィーは、人が持つソーシャルパワーを表現する単位なんですね。「ツイッターノミクス」で簡潔でわかりやすい説明があるので引用します。

ウッフィーは、その人に対する評価の証と考えればいい。人に喜ばれるようなことをしたり、手助けをしたりすれば、あるいは大勢の人から尊敬され評価されれば、ウッフィーは増える。逆なら、減る。

個人であろうと企業であろうと、信頼・信用、つまり「ウッフィー」を増やすことで道が開かれます。企業にとってウッフィーを増やすことは、顧客といい関係を築いていることを意味し、その企業が話題になる機会が増えることを意味するんです。
——————-

■いかがでしょうか。twitterで、「人に喜ばれるようなこと」している人は、「ウッフィー」が増えるというわけです。面白いですね~。っていうことで、さっそくamazonでこの『ツイッターノミクス』を注文しましたのです。また、同時に、twitterでshumaiさんの「つぶやき」をRetweetしました。さらには、shumaiさんの「つぶやき」にReplyしたのでした。すると、すぐにshumaiさんからもReplyが届きました。
——————-
@shumai 刺激を受けて、『ツイッターノミクス』をamazonに注文しました。ありがとうございます。
——————-
shumai @wakkyken なんと。そういう報告も私の喜びです。ウッフィーありがとう。
——————-

■ウッフィーって興味深い言葉(概念)なのですが、同時に、「音」としても面白いですよね。人から何かしていただき、嬉しかったら、その方に「ウッフィー」って挨拶をする…わけじゃないんですが、そんな気持ちのよい新しい挨拶のような響きも感じたのでした。しかし、ウッフィーという言葉が最初に登場した、コリイ・ドクトロウさんの『マジック・キングダム』って本も読んでみたいですね~。
——————–(個人ブログからの転載は以上です)—————————————————————
■この「twitter」、私自身は、とても使いこなしているという感じではありません。基本的に、大学での取り組み等を、「#ryukoku」で発信しているだけのような気がします。刺激的で人びとにインパクを強く与えるようなツイートが好まれるようですが、それは私のソーシャルメディアへの関わり方とはかなり違っています。これからも、「twitter」の自分なりの使い方を摸索してみたいと思います(続きがあります)。

Admin area