第8回ルシオールアートキッズフェスティバル「ルシオールブラスフェス」

20190513ryukokusymphonicband.jpg
◾️先週の土曜日、守山市民ホール(滋賀県守山市)に、守山市の中高吹奏楽部の皆さんと龍谷大学吹奏楽部が集まり、第8回ルシオールアートキッズフェスティバル「ルシオールブラスフェス」が開催されました。この合同コンサートには、守山市吹奏楽団、守山市立守山中学校、守山市立守山北中学校、滋賀県立守山中学校、立命館守山中学校、守山市立明富中学校、守山市立守山南中学校、そして滋賀県立守山北高等学校、立命館守山高等学校による単独演奏が行われた後、龍谷大学吹奏楽部が単独演奏を行いました。そして単独演奏の後は、龍谷大学と高校生、中学生との合同演奏、そして最後、全員による合同演奏が行われました。

◾️龍谷大学吹奏楽部の単独演奏での曲目は、「海を越える握手」、「海の男たちの歌」。後者の「海の男たちの歌」については、パーカッションでは特殊な音響効果を表現するために、様々な道具を使って「海」を表現していました。龍谷大学吹奏楽部音楽監督の若林義人先生にも教えていただきましたが、たとえばティンパニをスーパーボールで擦ることでクジラの鳴き声を表現しているのだそうです

◾️最後の合同ステージでは「行進曲『錨を上げて』」、魔女の宅急便の「海の見える街」、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のメインテーマなどの演奏が行われました。最後のアンコールは、「アフリカンシンフォニー」と「宝島」が演奏されました。合同演奏では、舞台の上の中高大学生と聴衆のみなさんとの間では、大きな感動が共有されました。聴衆の中には、立ち上がって踊る人もおられました。もちろん、私もホールの中に溢れる感動に共振しました。ちょっとウルッときました。このルシオールアートキッズフェスティバルは、ほとんど龍谷大学吹奏楽部の学生の皆さんが準備をされてきたと聞いています。指揮をされたコーチの児玉知郎先生、部員の皆さん、ご苦労様でした。ありがとうございました。

Admin area