ウォーキングの効果

20161031wakita2.jpg20161031wakita1.jpg
■10日ほど前に定期健康診断がありました。1年間で体重は76.9kg から72.1kgに、腹囲は87.7cm から81.8cmに減りました。食事の量を多少気にしてにきましたが、やはり7月から取り組んだウォーキングの成果がしっかり出ているように思います。昨年よりも体重が5kg近く落ち、腹囲も6cm程縮まりました。血圧もまずまず。正常値の範囲内。こうやって努力が「見える化」すると嬉しくなりますね。ただし龍谷大学の「ウォーキングキャンペーン」は終了してしまったので、自分の意思でウォーキングの習慣を継続していく必要があります。

■ところで、右足の親指の爪が抜けました。先日の「びわ湖チャリティー100km歩行大会」=「びわ100」で、右足の親指が内出血して黒くなっていました。その血が抜けると爪の下が空洞になり、爪自体もグラグラ状態になってしまいました。せんじつ、その爪が抜けました…というか、いじっていると抜けてしまったというのが正しいのかな。抜けた後、親指には新しい爪ができかけているような…そんな感じです。今の所、特に歩くことに支障はありません。やはり100kmを歩くと、いろいろありますね。それから足裏の肉刺も完全に治りました。これで万全です。

■ということで、そろそろまた練習を始めないといけません。こんどはランニングです。夏のウォーキングの練習の際も、ジョギングを取り入れていたのですが、これからは心肺の機能を高めていかないといけないと思っています。目標は、2月末の「びわ湖レイクサイドマラソン」の15kmです。自己記録を越えるためには、5:15/kmのペースで走り続ける必要があります。厳しいですね〜。まあ、できるだけ頑張ってみます。1年で5kgの減量に成功したわけですが、この体重は、13年前に龍谷大学で働き始めた時の体重です。走るためには体重は軽い方が良いわけで、良い方向に向かっているということになります。ただ、走るためには、さらにあと3kgは減ってほしいなと思っています。

■最近、周りの人の目にも痩せたことがよくわかるようです。ちなみに、ウォーキングで痩せたのであって、病気で痩せたわけではありませんのでね。写真は、4年前の春の写真と先日の写真を比較したものです。確実にというか、ドーンと歳をとり、白髪が増え、髪の量は減り、そして体重も減りました。こんなに膨らんでいたんですね〜。この4年前の夏から、つまり右の写真の3ヶ月後から走ることを初めて、フルマラソンに挑戦しました。走ったり、故障して走ることをやめてしまったり…の連続ですけどね。そして現在に至っています。まだ、身体を動かすことが、生活の中に定着しているとは言えないと思います。

Admin area