「iPhone 6 Plus」の「iSight」のピントがあわない…

20160419apple.png
■2014年の11月に購入した「iPhone 6 Plus」、突然故障してしまいました。カメラである「iSight」のピントがあわなくなってしまったからです。最近のiPhoneのカメラの性能fはかなり高くなています。そんなわけで、依然のように普段はデジカメを持ち歩かないようになりました。「iPhone 6 Plus」のカメラでほとんど対応しています。というわけで、「iPhone 6 Plus」が使えなくなると私としては大変困るわけなのです。この突然の故障についてfacebookで愚痴をこぼしたところ、facebookのお「友達」のお1人が、「もしかすると、こちらでしょうか」と、Apple社のあるページを教えてくださいました。そこには、こう書かれています。

ごく一部の iPhone 6 Plus で、iSight カメラのコンポーネントの一部が故障し、撮影した写真がぼやけて見える場合があることが判明しました。影響が確認されているのは、主に 2014 年 9 月から 2015 年 1 月までの間に販売され、シリアル番号が特定の範囲内にある iPhone 6 Plus です。

お使いの iPhone 6 Plus で撮影した写真がぼやけて見え、同機のシリアル番号が本プログラムの適用範囲内にある場合は、その iPhone 6 Plus の iSight カメラを無償で交換させていただきます。

iSight カメラは iPhone 6 Plus の背面にあります。

■シリアル番号を確認してみました。すると、私の「iPhone 6 Plus」は適用範囲内にあるではありませんか。「ごく一部…」に当たってしまったのです。なんたることでしょう。良いことは当たらないのにな~。どうしてでしょう。これは、大阪の心斎橋のApple Storeまでいかないといけないのかな…と思っていたところ、別の方がfacebookで、「京都駅前のキタムラでも修理対応可能だと思います」と教えてくださいました。皆さん、とってもご親切です。ありがとうございます。なんとか、1週間内で「iSight」を交換修理してもらわねばです。それまでは、これを使う予定です

【追記】■本日、予約なしで京都駅前の「カメラのキタムラ」に持ち込みました。朝10時開店ということで、開店前に数人の予約した人たちが並んでおられました。しかし、すぐに相談に乗ってもらえました。私のばあいですが、手続きと修理であわせて30分程度で終わりました。中身を変えるので初期化といいますか、出荷時の状態になるのだと思います。修理していただき、ピントがきちんとあうようになりました。どうして急に、ピントがあわなくなるのか、とても不思議です。

Admin area