第15回「北船路野菜市」

20130119kitafunaji1.jpg 20130119kitafunaji2.jpg
■今日は、午前10時から、第15回「北船路野菜市」を開催しました。開催場所は、いつもの通り大津市にある丸屋町商店街にある大津百町館前です。一昨年の9月から、脇田ゼミで通っている農村・北船路の活性化と、中心市街地の活性化をつなぐために、この野菜市を始めました。今日で15回になりました。毎月1回のことではありますが、先輩から後輩へと事業を引き継ぎながら、よくここまで頑張って継続してこれたなと感心しています。ちなみに、今日、参加した学生のうち1名は、午後から就職活動があることもあり、リクルートスーツで参加していました。本当に頑張って取り組んでくれています。

■前回、第14回の野菜市のエントリーのときにも書きましたが、当初、どうやって動いていいのかわからなかった学生たちでしたが、指導農家Fさんの指導を受けながら、野菜を出品してくださる協力農家への聞き取り、仕入れ、出荷、販売、お客様のニーズの聞き取り、協力農家へ売上金をお渡しするとともにニーズを伝える…といった一連の作業ができるようになってきました。指導農家Fさんに感謝です。

■今日は、ここしばらくの降雪で、北船路の野菜収穫(特に、ミズナやミブナのような野菜)がうまくできなかったようで、前回に比べて協力農家の皆さんの出品の数量は少なめだったということもありますが、1時間ほどでほとんど売れてしまいました。今日は、いつもの野菜に加えて、農家の奥さんがつくられた、黒豆入りの手作り熟成味噌も販売しました。これも、すべて売り切れました。皆さまに、感謝です。

■午後からは、大津の飲食店(いつもの大津駅前の居酒屋「利やん」さん)と、京都の飲食店(「串かつ おばんざい とんとん」さんと、「みなす屋DELI」さん)にも、3名の学生が指導農家とともに野菜の配達をしてくれました。配達のあと、3名の学生たちは、協力農家に今日の売上金額を渡しに行きます。そして、今日は、昨年「北船路米づり研究会」で田植えをした水田に連れていってもらったようです。右の写真がそうです。写真は、指導農家が送ってくださいました。すっかり雪に覆われていますね!!

【追記】■この雪の棚田にいった学生たち、どうも雪合戦を始めたようです。私のこれまでの経験からいえることですが、普段、雪があまり積もらない地域の学生は、なにか自然発生的に雪合戦を始めます。もう、夢中になります。しかし、北陸や日本海側から進学しいた学生たちは、「こいつら、何をはしゃいでるんや」と冷ややかな感じになります。面白いですね~。

Admin area