京都コンサートホールで「ホール練習」

20210728ryusui1.jpg
20210728ryusui2.jpg
20210728ryusui3.jpg
■龍谷大学吹奏楽部、今月の13日に、サマーコンサート(びわ湖ホール)をYouTube配信により開催しました。サマーコンサートと次は、吹奏楽コンクールです 。昨年の吹奏楽コンクールはコロナ感染拡大のため中止になりましたが、今年度は開催されるようです(今のところではありますが…)。ありがたいです。サマーコンサート、夕照コンサート、定期演奏会とともに、コンクールも活動の大きな柱のひとつだからです。今年度のコンクールですが、一昨年、全国大会で金賞受賞したことから、今回の京都府大会は招待演奏となりました。コンクールでの審査は関西大会からになります。関西大会は来月ですが気合が入っています。

■昨晩は、府大会が開催される京都コンサートホールで、招待演奏の練習を行いました。私自身は、昨日、2限と4限が演習で、その後は大学院生の指導がありました。それらを終えて、そのあとはホールに急ぎました。繰り返し、このブログの投稿の中で書いてきましたが、私がいてもいなくても、練習にはまったく関係ないのです。部長とはそういう存在なんですね。でも、部員の皆さんが全国金賞を目指して成長されているプロセスに立ち会いたいという気持ちがあり、出来る限り大切なポイントは見学させていただくことにしています。

■練習は19時から始まりました。このホールの響きの特性に合わせて、楽器の配置を時々修正しながらの練習でした。いつもよりも人数が少ないのは、コンクールの実施規定で人数は55人以下と決まっていらからです。コンクール出場メンバーは、部内で実施したオーディションを通った人たちです。部員が180名ほどいますから、コンクールに出場できるのは1/3以下ということになります。なかなか厳しい現実があります。コンクール至上主義の大学もあるかとは思いますが、龍谷大学吹奏楽部はそうではありません。学生による自主運営を大切にしながら、組織のマネージメントをさらに丁寧に行ってほしいと思います。これからも、すべての部員が輝くことのできる、そして自身の成長を実感できる課外活動であってほしいと思います。

「サマーコンサート2021」、無事に終演いたしました。ありがとうございました。

20210713ryusui1.jpg
■皆さん、龍谷大学吹奏楽部の「サマーコンサート2021」をYouTubeでご視聴いただき、ありがとうございました。

■コロナのため長らく合奏ができませんでしたし、合奏が許可されてからサマーコンサートまではたった3週間しかありませんでした。午前中のリハーサルが終わった後も、演奏が困難なところについては、最後まで調整が行われました。最後のところで、グッと集中力を高めていったことで、本版では素敵な演奏を聞かせてくれました。これからは、コンクール、夕照コンサート、定期演奏会に向けて練習を積み重ねてまいります。どうか引き続き応援をよろしくお願いいたします。

いよいよサマーコンサート

■いよいよ明日は龍谷大学吹奏楽部の「サマーコンサート」が、明日、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールで開催されます。今日は前日ということで、びわ湖ホールでリハーサルが行われていま。本来であれば、部長を務めている私もリハーサルにいなくてはいけないのですが、大変残念なことに、今日はzoomを使ってこれから出版する環境社会学関係の本の編集会議が開かれており、仕事優先ということで参加することができません。明日は、朝一番でホールに向かおうと思っています。「サマーコンサート」がYouTubeで配信されます。14時半からです(配信開始は14時から)。

「ボレロ・イン・ポップス」

20210709ryusui1.jpg20210709ryusui2.jpg
20210709ryusui3.jpg20210709ryusui4.jpg
■7月11日、滋賀県立琵琶湖芸術劇場びわ湖ホール大ホールで、龍谷大学吹奏楽部のサマーコンサートが開催されます。今回は、コロナ感染のこともあり、YouTubeチャンネルにて無料・生配信をいたします。本番までは、あと2日になりました。新年度になり緊急事態宣言が出て以降は、個人練習以外行うことができませんでした。合奏ができない期間が長かったにも関わらず、部員の皆さんはよくここまで頑張ってこられたなあと思います。

■火曜日に、2限と4限と5限に授業がありましたが、仕事が終わった後、瀬田キャンパスの青朋館にある吹奏楽部の練習場に向かいました。この日の練習は、「ボレロ・イン・ポップス」でした。「イン・ポップス」とタイトルに入っていることからもわかるように、ラヴェルの「ボレロ」をポップス調(少しラテンっぽく?!)に編曲した作品です。今日も、部員の皆さんの演奏を楽しむことができました。誤解を招く言い方かもしれませんが、このように編曲された作品だと、もう少し「妖艶」にというか、ちょっと色気を出して極端に演奏しても良いのではないかと思うのですが、それは私のようなおじいさんの感覚でしょうかね。本番までに、どう仕上げていかれるのか、楽しみです。

外囿祥一郎先生の指導

20210704ryusui.jpg
■先週の金曜日、授業が終わった後、瀬田キャンパス青朋館にある吹奏楽部の練習場に向かいました。本番が迫ってきたサマーコンサートに向けての練習を見学させていただくためです。この日は、ユーフォニアム奏者として世界的に知られている外囿祥一郎先生がレッスンのためにお越しになっていました。ということで、若林義人音楽監督の依頼により、外囿祥一郎先生が、急遽、合奏の練習を指揮されることになりました。いつもとは違う指揮のもとで演奏することは、部員の皆さんにとって、大変勉強になるからです。

■曲は、ベルギーの作曲家ヤン・ヴァン・デル・ローストが作曲した「カンタベリー・コラール』(Canterbury Chorale)。前回、私がこの曲の練習を見学した時は、初めての合奏だったと思いますが、その時と比較して、今回は格段に上達していました。そして、外囿先生が指導されることで、細かな音楽の造形が明確になってきました。自分はどのように演奏すれば良いのか、譜面をそのまま吹くのではなく、自分自身のイメージをはっきり持って(考えて)演奏することの重要性を強調されていたように思います。まあ、素人の印象程度でしかないので、的確な表現でないことはお許しください。若林音楽監督や外囿先生のようなプロの指導者の指導を拝見させていただくと、私は演奏するわけではないのですが、それでもはっとすることが何度もあり、とても勉強になります。

■いよいよ、次の日曜日が本番になります。部員の皆さん、頑張ってください。コロナ禍の中でも、サマーコンサートを開催できることの喜びを噛み締め、支援してくださった全ての方達に感謝してください。龍谷大学吹奏楽部の部訓は「音楽 感謝」です。

龍谷大学吹奏楽部サマーコンサートoneline(2021.07.11)

20210630ryukokuwindmusic.jpg
■龍谷大学吹奏楽部公式facebookページに掲載された案内を転載いたします。

【サマーコンサートのお知らせ】

7月11日(日)、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールにて「龍谷大学吹奏楽部 サマーコンサート 2021」を開催いたします。尚、今回のサマーコンサートは無観客生配信で行います。

【日程】2021年7月11日(日)

【開演】14:30開演(14:00配信開始)

【配信】当部YouTubeチャンネルにて無料生配信
https://youtube.com/c/ryudaiband

【会場】滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホール
※当日会場への入場はできませんのでご了承ください。

【プログラム】
・春の猟犬 作曲 A.リード
・ボレロ・イン・ポップス 作曲 M.ラヴェル / 編曲 岩井直溥 他
※都合により曲目を変更する場合がございます。

【お問い合わせ】
▼電話番号
070-6929-3909
〈受付時間 10:00~21:00 水曜・日曜・祝日を除く〉
▼メールアドレス 
ryukoku.windmusic@gmail.com

7/11(日)に開催するサマーコンサートYouTube生配信では、スーパーチャットの機能もご利用いただけます!
詳しくは下図をご覧ください。
本番まで残りわずか、部員一同、
精一杯頑張っております

■このサマーコンサート、YouTubeで無料で視聴できるということは、海外からでもOKということになります。そのようなこともあってか、複数の部員が様々な言語に翻訳して吹奏楽部のサマーコンサートのことを、twitterを使ってツイートをリツイートしています。YouTubeでは、これまで定期演奏会やサマーコンサートで演奏してきた曲を楽しむことができるように、「龍谷大学吹奏楽部」のチャンネルが設けられています。時々、海外からのコメントもあります。今回も、海部員の皆さんの努力が実って、外からのアクセスがあって欲しいと思います。

ひさしぶりに龍吹の合奏を見学

20210624ryusui1.jpg
20210624ryusui2.jpg20210624ryusui4.jpg
■緊急事態宣言が解除され、龍谷大学吹奏楽部も、やっと合奏ができるようになりました。これまでは個人練習ばかりだったので、部員の皆さん、音楽することの喜びを噛み締めておられるのではないでしょうか。そして、吹奏楽部の部訓は「音楽・感謝」。大好きな音楽ができることを、心より感謝しておられる事でしょう。昨日、練習したのは「Canterbury Chorale(カンタベリー・コラール)」という曲です。wikipediaの説明ですが、「『カンタベリー・コラール』(英: Canterbury Chorale)は、ベルギーの作曲家ヤン・ヴァン・デル・ローストが作曲した楽曲」であり、「作曲者がイングランド南東部ケント州にあるイングランド国教会の総本山カンタベリー大聖堂を訪れた際に得たインスピレーションを基に、ベルギーのブラスバンド(金管バンド)であるブラス・バンド・ミデン・ブラバント(nl:Brass Band Midden-Brabant)の委嘱によって1990年に作曲された」とのことです。

■とても美しく、感動的な曲です。昨日は「うぎゃー」と叫びたくなるようなことが起きたのですが、この曲を聴きながら、辛い心を鎮めることができました。まだまだ練習をしないといけないと思いますが、はじめての合奏でこれだけ演奏できるって素晴らしいことだと思います。吹奏楽部の皆さん、ありがとうございました。以下は、近畿大学吹奏楽部の皆さんが演奏されている「Canterbury Chorale」です。指揮は、この曲の作曲者であるヤン・ヴァン・デル・ローストさんご自身です。

■弦楽バージョンもありますね。あっ、譜面がどさっと落ちてしまった…。

龍谷大学吹奏楽部公式YouTubeチャンネル登録者数15,000人を突破!!

■龍谷大学吹奏楽部の公式ツイッターで、公式YouTubeチャンネル登録者数が15,000人を突破したことを知りました。部員の皆さん、おめでとうございます。また、龍谷大学吹奏楽部を応援してくださっている皆さんには、部長として心より御礼を申し上げます。ありがとうございます。

■このYouTubeチャンネルでは、たくさんの方たちに龍谷大学吹奏楽部の演奏をご視聴していただいています。一番多くの皆さんのご視聴いただいた演奏は、「マードックからの最後の手紙」(作曲・樽屋 雅徳氏)です。視聴回数は70万を超えています。おそらくは、全国の中高吹奏楽部で参考にしていただいているではないかと思います。推測の範囲を出ませんが、大学吹奏楽部の演奏で、これほど視聴されている演奏はないのではないかと思います。

■部員の皆さんがTwitterに書いておられるように、吹奏楽のために作曲された曲だけでなく、クラシックの名曲からよく知られたポップスに至るまで、様々な音楽のジャンルを乗り越えて吹奏楽の音楽の可能性を常に追求しています。コロナ感染拡大により、思うような練習はできませんが、許された範囲と環境で部員たちは懸命に練習に取り組んでいます。これまで応援してくださった皆様、どうか引き続きよろしくお願いいたします。また、YouTubeを通して龍谷大学吹奏楽部の演奏に関心を持ってくださった皆様、どうか演奏会にお越しください。

【龍谷大学吹奏楽部】 第47回定期演奏会(2020)より


■昨年12月に開催した龍谷大学吹奏楽部の第47回定期演奏会のDVDが、パルスミュージックさんにより発売されています。YouTubeにも、その一部がアップされています。以下の3曲です。どうぞ、ご覧ください。

「フェスティバル・ヴァリエーション」(C.T.スミス)
「プスタ ~4つのロマの舞曲~」(ヤン・ヴァンデルロースト)
「オペラ『イーゴリ公』より『韃靼人の踊り』」(A.ボロディン)

レベル2からレベル3へ引き上げ

■龍谷大学では、コロナウイルスが再び感染拡大していることから、活動制限レベルを「レベル2」から「レベル3」に引き上げました。活動制限レベルを「レベル2」から「レベル3」に引き上げると、授業については、ゼミ科目、実験・実習・実技科目は対面授業での実施を継続しますが、その他の授業科目についてはオンライン授業に実施形態を変更することになります。もちろん、さまざまな事情を抱えた学生の皆さんから申し出があれば、その学生さんに配慮して、対面授業においてもオンラインで配信するハイブリッドになります。

■うちの学長は、Twitterでよく情報発信していますが、今回のことについては「コロナ対応で神経の先端からチリチリ火花が出ている感じがします」とツイートしています。おそらく、各大学ともに、同様の苦労をされているのだと思います。私は、授業に加えて課外活動である吹奏楽部のことも心配しています。課外活動を支援する学生部や、吹奏楽部の指導者の皆さんともよく相談をしていきたいと思っています。他大学の状況をお聞きするに、龍谷大学は課外活動に対して大変理解がありるように思います。しかし、レベル3になるとこれまでのような練習はできなくなります。さらに、いろいろ工夫をしていかねばなりません。

Admin area