晩御飯はおでん

20171103oden.jpg
■この2週間、ブログを全く更新できていません。ご覧くださっている皆さん、申し訳ありませんでした。この間の、「これは!」と思う出来事を、順番にアップしていきます。で、その最初が、自宅で作ったおでんとは…。

■先月の20日のことになりますが、晩御飯に おでん を作りました。大津駅前のいつもの居酒屋「利やん」で、門前の小僧的に学習したノウハウを活かしながら、おでんを作りました。時間がないと、「おでんの素」でグツグツ煮てしまうのですが、今日は「利やん」で学んだやり方で、きちんと作りました。学んだとはいっても、肝心のポイントについては私にもよくわかりませんが。それは、門外不出の企業秘密ですね。おでんのつゆ。牛すじと昆布で、出汁をとります。時間がないので、牛すじは、圧力鍋で出汁をとりました。それに、酒と薄口醤油で味付け。あと、インチキですけど、ちょっとだけ麺つゆも使わせてもらいました。すみません。

■ネタですが、別々に下処理をあらかじめしておきます。下処理は、妻が手伝ってくれました。そのあと、市民オケの練習に出かけました。というわけで、今日のメインの担当は私です。たまには…です。で、おでんのネタ種類。牛すじ、大根、じゃがいも、ひらてん、ごぼてん、厚揚げ、ちくわ、卵、餅巾着、こんにゃく、つくね、タコです。大根は、ゆっくり下茹でしました。じゃがいもも同様に皮のまま茹でて、つるりと皮を剥きました。ひらてん、ごぼてん、厚揚げ、餅巾着はお湯をかけて油抜き。こんにゃくも下ゆでしてアクを抜きました。タコも、ちょっと味のついたお出汁で下ゆでしました。「利やん」ではタコは使いませんが、妻がタコが好きなものですから。

Admin area