Need Help?

Faculty of Sociology

社会学部

コミュニティマネジメント学科

  • 学びのフィールドは全国
    地域活性化などのプロジェクトに参画

    実習紹介

    コミュニティマネジメント実習

    学生ならではの斬新な視点「花」で商店街を盛り上げる

    「京都伏見まちづくり」実習では、伏見地区の商店街と連携したまちづくりを行っています。「大学生ならではの斬新で大胆な案を出してほしい」という声に奮起して、自由に意見を出し合い、多彩な企画を提案しました。そのなかで実現したのが「花回廊プロジェクト」です。京都市が公募する補助金の交付を受けた、龍馬通り商店街と納屋町通り商店街の2ヶ所で実施しました。実施までには、コンセプトの確認や目標の設定、商店街の方々との意見調整が必要です。入念に準備して迎えた当日は、生花店のご指導のもと、学生自身の手でフラワーアレンジメントを完成させました。通行人の驚嘆を期待していたものの、感動を与えるまでには至らず。2回目は、商店街の方々のご指摘や自らの反省点を踏まえ、装飾に工夫をこらすなどの改善を図りました。その甲斐あって、道ゆく人が足を止めて写真に収めるほど、大きなインパクトを残すことができました。大盛況という結果につながったのは、前回の失敗を成功に導くため、努力し続けたからだと思います。コロナ禍で消費が落ち込む、生花業界を支援するという目的も達成できました。企画から実施までには、多くの過程を経なければなりません。時には厳しいご意見をいただくこともあります。それを力に変えられるかどうかは自分次第です。私たちプロジェクトチームは、ご指摘をやる気に変え、最後まで前向きに取り組むことができました。

    コミュニティマネジメント実習

    新田 恭平さん

    新田 恭平さん

    コミュニティマネジメント学科 3年生(京都府 龍谷大学付属平安高等学校 出身)

    コミュニティマネジメント実習

    番組制作を通じて知らなかった自分に出会う

    「龍大ラジオタックル」では、ラジオ番組を制作しています。放送は年に6回、テーマは観光地の紹介、季節の話題、京都の課題、社会問題と多岐にわたります。学生目線で情報を伝えることを何より重視し、大学生である私たちだからこそできるオリジナリティのある番組制作を心がけました。印象に残っているのは、LGBT の話題を取りあげ、LGBT であることを公表している大学生をゲストに招いた放送です。番組内でその方が語ったお話をとおし、自分でも思わぬうちに偏見をもって台本を作成していたことに気づき、驚いたのです。第三者に情報を発信するには、多くの可能性を考えなければならないと知った瞬間でした。番組制作を通じて、物事を多面的に考察する力が身につきました。

    コミュニティマネジメント実習

    武藤 こころさん

    武藤 こころさん

    コミュニティマネジメント学科 4年生(大阪府立千里青雲高等学校 出身)

    コミュニティマネジメント実習

    限界集落が直面する課題
    知名度を上げて解決を試みる

    限界集落である京都府京丹後市甲坂地区。この地が抱える「少子高齢化」問題の解決に向け、甲坂の知名度を上げようと考えました。そこで目をつけたのは、地元の名水です。塩レモン水をつくり、販売する計画を立てました。公共交通機関はバスのみ、しかも1日2便しか運行されていないので、周辺地域にターゲットを絞った広報活動を展開。企画段階から、地域住民と何度も会議を重ね、地元の特産品を使った料理を提供する「甲坂カフェ」も実施することに決めました。コロナ禍で現地に足を運ぶこともままならないなか、企画を実行できたのは、粘り強く住民の方と交流してきたからだと思います。改めてコミュニケーションの重要性を実感しました。

    ●

    二宮 亜加音さん

    二宮 亜加音さん

    コミュニティマネジメント学科 3年生(兵庫県 神戸龍谷高等学校 出身)


    Seminars ゼミ紹介

    コミュニティマネジメント学科 畑仲 哲雄ゼミ

    西村 侑里子さん

    社会の矛盾から目をそらさず「問題」を明らかにする

    西村 侑里子さん

    コミュニティマネジメント学科 4年生(大阪府 大阪青凌高等学校 出身)

    ゼミをとおして社会問題に強い関心をもつようになり、卒業研究ではホームレスといわれる人たちの社会復帰のプロセスについて考察しました。フィールドワークやインタビューを行うなかで当事者の方々への理解が深まり、自分の視野も広がったと感じています。畑仲ゼミの醍醐味は、近畿大学との合同ゼミです。他大学の学生と交流しながら学ぶことで、研究や就職活動へのモチベーションが高まります。先生や仲間が積極的に相談に乗ってくれることも本ゼミの特徴です。

    [その他のゼミテーマ]

    • コロナ禍における大学生の「新しい生活様式」適合度と抑うつ症状( 精神健康)の関連性
    • 大学生の多文化共生志向の現状
    • 不登校経験者にとっての不登校の意味とは〜不登校経験者への聞き取り調査から〜
    • なぜ学校でのひとりご飯はつらいのか
    • 滋賀県の少年サッカーの現状と課題〜指導者へのインタビューを通じて〜
    • ラジオの持つ「親近感」と「当事者性」はどこから生まれるのか〜県域FM 局での参与観察を通じて〜
    • 男性の育休を普及させるためには〜「イクメン企業アワード」受賞企業へのインタビューから〜
    • テレビの国際報道に関する研究〜日本のワイドショー番組を中心に〜
    • 観光資源としての忍者の存在〜甲賀市の取組みを事例に〜

    コミュニティマネジメント学科の教育の特色

    Request Information

    資料請求