Need Help?

Faculty of Sociology

実習紹介

実習紹介

「現場」で学ぶ。「現場」に学ぶ。
-社会学部における多様な実習-

1 社会調査実習
(対象:社会学科)

社会調査実習

菅 拓馬さん 社会学科 3年生(京都府立莵道高校 出身)
実習先 新潟県上越市

「直江津祇園祭」を調査し、現地の人びとに迫る。
インタビューを通じて「生の語り」に触れる。

私たちは、新潟県上越市にある直江津という港町で開催されている「直江津祇園祭」を対象とした社会調査を実施しました。直江津祇園祭は、直江津地区と隣にある高田地区の2つの地区を神輿が行き来するという特徴がある祭りです。この特徴を現在まで残している祭りは珍しいため、「直江津祇園祭」が対象に選ばれました。私たちは直江津で二度の現地調査を実施しました。一度目は事前調査として7/26~7/28、二度目は本調査として9/1~9/4で調査しました。事前調査では、直江津祇園祭で巡行する神輿を担がせていただくことになり、祭りを直に体感することができました。本調査では、祭りに参加している直江津の各町に対してインタビューを実施しました。はじめてのインタビューで戸惑うことも多くありましたが、各自の視点から祭りに参加する各町の運営体制や人々の意識を聞くことができました。インタビューで聞いた話や文献資料などを用いて、各学生が報告書を執筆しています。調査に参加して、他者の「生の語り」の面白さを知りました。卒業論文でインタビューを利用するのもよいのではないかと思いました。

社会調査実習

惠阪 郁花さん 社会学科 3年生(大阪府立香里丘高校 出身)
実習先 北海道赤平市

過疎化が進むまちを調査し触れた市民の思い。
実習での経験が将来につながると実感しています。

社会学をフィールドワーク方式で学びたいと考え、北海道赤平市で行われる青木先生の実習に参加しました。市はかつて炭鉱のまちとして栄え、最盛期には約6万名の人々が暮らしていましたが、石炭産業の衰退から市内に多くあった炭鉱が次々に閉山。そして市で唯一稼働していた住友赤平炭鉱も1994年に閉山し、2017年の人口は約1070名まで減少しています。私は実習のテーマとして、現在の赤平市のまちづくりについて、市が発行する広報誌「広報あかびら」が、まちの運営にどのような影響を及ぼしているのか、広報誌の現状がどのように変化しているのかを調査しました。広報誌を制作されている方々や、広報誌に情報を掲載している商店の方々にお話を伺うことができました。その取材で広報誌の制作者と商店の方々に感じたのは、市をもっと活性化させたいという強い思いです。本当に赤平市が好きで、赤平市をもっと知って欲しいと多くの市民が願っていることを、今回の実習で知ることができました。初めての実習体験で当初は戸惑いもありましたが、先生や先輩方の手助けをはじめ、取材した市民の方々からの温かいご協力もあり、実習に不可欠なスキルが身についたと思います。社会調査実習をとおして、自分自身にまっすぐ向き合い、さまざまな人々と関わる大切さなど、将来につながる多種多様な経験やコミュニケーション能力を学ぶことができました。

2 コミュニティマネジメント実習
(対象:コミュニティマネジメント学科)

コミュニティマネジメント学科では、学生は「プロジェクト型」実習と「自己応募型」実習のどちらかの実習を選択することが可能です。「プロジェクト型」とは、担当教員が立てたプロジェクトに1年間を通じて参画することによって、より深く現場を体験できるように工夫された実習です。2018年度には、このページに掲載した12のプロジェクトが実施されています。「自己応募型」とは、学生自身で取り組みたいテーマやフィールドがある場合、教員の支援を受けながら、実習希望先と交渉し、プログラムを各自で考えながら取り組む実習です。

Mプロジェクト
MプロジェクトFM滋賀の記者と1時間番組をつくり、地域メディア魅力を感じ、発信力を理解するための実習です。
お寺で地域づくりプロジェクト
お寺で地域づくりプロジェクト地域活性化に取り組むお寺とともに活動しながら、お寺がつくる地域のつながりについて考えます。
学生記者が行く
学生記者が行く毎日新聞と連携した実践的プロジェクト。地域の話題などを取材して実際に新聞記事を執筆します。
限界集落のムラおこし
限界集落のムラおこし京丹後市甲坂集落で伝統行事、害獣駆除など共援活動をとおしたムラおこしに取り組んでいます。
健康なまちづくりプロジェクト
健康なまちづくりプロジェクト運動を健康づくりツールとして、守山市、多賀町の方々と健康なまちづくりに取り組んでいます。
子ども食堂プロジェクト
子ども食堂プロジェクト地域の子ども達に食事を提供し、安心して過ごせる子ども食堂を、地域住民と協力して運営します。
上越メディア実習
上越メディア実習夏休みに新潟県上越市で合宿し、新聞社やNPOのスタッフとなって地域活性化に取り組みます。
フクシマに学ぶ
―実践的広報プロジェクト―
フクシマに学ぶ ―実践的広報プロジェクト―原発事故の後始末は、実はまだ緒についたばかり。広報活動を通じて、フクシマの今を広く伝えます。
道の駅をたずねる
道の駅をたずねる滋賀県内の道の駅を訪ね、地域住民にとって、道の駅が一体どのような存在なのかを調べます。
栗東まちづくりプロジェクト
栗東まちづくりプロジェクト滋賀県栗東市のさまざまな事業に参画し、特定のテーマにとらわれず「まちづくり」を実現します。
龍大ラジオタックル
龍大ラジオタックル京都のコミュニティ局で、毎月30分の番組を収録します。番組企画やトークの技術を学びます。
りゅースポーツプロジェクト
りゅースポーツプロジェクト誰もが参加できるちょっと変わったスポーツを自ら体験し、新しい競技・種目を考え、運営する実習です。

3 社会福祉現場実習
(対象:現代福祉学科)

聴く姿勢や利用者の方の可能性を広げるなど、専門職として必要な力や視点を学びました。

専門職はどのような視点で利用者の方と接しているのかを学びたいと思い、実習いたしました。実習では、専門職の方との同行訪問を行い、利用者の方一人の個別支援計画を立てました。今回の実習を通じて、専門職として必要な能力や姿勢を学ぶことができたと思います。実習先の社会福祉協議会のように地域ネットワークを活かし、地域住民とともに高齢者や児童、障がい者といった多様な分野の問題解決に取り組む団体もあります。地域福祉のあり方を専門職の視点から学べるなど、実習はさまざまなテーマを立てられ、より幅広く学べる機会です。ぜひ積極的に参加してほしいと思います。

社会福祉現場実習

松田 崇志さん
地域福祉学科 4年生(三重県立名張西高校 出身 ※現 三重県立名張青峰高校)
実習先 社会福祉法人 伊賀市社会福祉協議会

福祉の現場で実際の支援を体験する学びは、さまざまな知識・経験が得られ、将来につながります。

社会福祉士の資格を取得し、福祉の分野で働きたいと考えていたため、実際の現場を学ぶため、この実習を受けました。実習では、デイサービスやショートステイ、小規模多機能型事業などを1週間ごとに、ワーカーの方について支援の見学や補助をいたしました。最後となる4週目は、実際にワーカーの方がされる「個別支援計画」を一人で立てるなど、貴重な経験となりました。4週間という短期間でしたが現場でさまざまな経験を積み、ソーシャルワーカーとして必要な利用者の視点に立つ姿勢が身についたように感じています。将来、どの分野に進んでも自分の糧となるのは間違いない、と断言できる実習体験でした。

社会福祉現場実習

中川 朱夏さん
地域福祉学科 4年生(兵庫県立武庫荘総合高校 出身)
実習先 社会福祉法人ゆたか会 特別養護老人 ホーム清風荘

4 特別支援教育実習
(対象:現代福祉学科)

実習で子どもたちと触れあい、学ぶことで、特別支援学校の教員になる夢がさらに強まりました。

高校時代から特別支援学校の教員をめざしていたこともあり、この実習を受けました。実習では、障がいを持つ子どもの特性を理解し、その生きづらさに寄り添い、子ども自身が障がいと向き合い人生を豊かなものにする手助けが、教員として求められる役割であると学びました。また、同じ特別支援学校の教員を志す仲間と意見交換し、多角的な視点から議論を重ねられ、自分一人では気づけなかった問題点の発見や、子どもがより理解しやすい楽しい活動を創作できたと思います。特別支援教育は難しく思われがちですが、子ども一人ひとりを尊重する教育の原点です。今回の実習で特別支援教育の重要性を改めて学べました。

特別支援教育実習

中村 郁仁さん
臨床福祉学科 4年生(大阪府立今宮高校 出身)
実習先 特別支援学校

5 精神保健福祉現場実習
(対象:現代福祉学科)

患者の方々との関わり方や自分の立場などを、実習現場での体験から学ぶことができました。

社会福祉現場実習で、精神疾患の患者の方々は周囲の理解が得られにくいと感じた私は、そのような方を支援する精神保健福祉士という仕事に興味を持ち、この実習を受けようと決めました。病院と地域の事業所の2カ所で実習に参加し、病院と地域で生活する当事者の方それぞれの思いを知ることができたと思います。また、実習をとおして、精神保健福祉士はアドバイスをする立場ではなく、患者の方々と一緒に考える立場であることを学びました。現場では、自分がどういう思いで患者の方々と関わっているのか、常に意識する必要があるなど、通常の授業だけでは学べない一生の宝となる体験を得られたと実感しています。

精神保健福祉現場実習

喜来 萌奈子さん
臨床福祉学科 4年生(徳島県立城東高校 出身)
実習先 社団長久会 加賀こころの病院 社会福祉法人朋友会 地域活動支援センターⅠ型かが

Request Information

資料請求