現代福祉学科(2016年度開設)

現代社会は、家族や地域の力が弱まり人々は孤立しがちです。厳しい社会情勢のなか、孤立した人や家族は貧困状態に追いやられ、そこから虐待や病気が生じることもよくみられます。このように一つの問題は他の問題へと拡がり、複雑に重なって深刻な状態がうまれ、さらに次の世代にも影響していきます。

このような社会状況において、社会福祉は、施設や相談機関などのいわゆる福祉現場にとどまらず、行政、学校、職場など多様な領域でその視点と方法が求められるようになっています。さらにNPO活動やソーシャルビジネスの分野で社会福祉の知見をいかした新しい支援の取り組みも始まっています。

2016年度からスタートする「現代福祉学科」は、現代が求める社会福祉のあり方を学び、幅広い領域で社会貢献できる人材の養成を目指します。

「社会福祉」にとどまらない「現代福祉学科」の学び

現代福祉学科の3つの強み

1 在学中の手厚いサポート

15人~20人程度の少人数クラスにおいて、多様な専門分野の教員が、講義→演習→現場実習までをサポートします。また、第一線で活躍する多くの卒業生のネットワークを活用し、就職活動の後押しもします。

2 資格合格率と就職率の高さ

3 学外における多様な実習の機会

福祉施設や教育現場における高齢者・児童・障がい者との豊富な交流機会や「貧困家庭児童への学習支援」「ホームレス支援」等、多様な実習を通して、実践力を養います。

井之口 亜紀さん

奥村 寛之さん

中川 圭太さん

國實 紗登美さん



このページのトップへ戻る