Need Help?

Faculty of Sociology

学部概要

学部概要

社会学部 学部概要

徹底した「現場主義」で、現代社会にアプローチ。

「現場」で学ぶ。「現場」に学ぶ。 ― 社会学部における多様な実習 ―

「現場主義」を掲げ、理論と実践を統合する実践教育を展開。

人間の共同体である社会・組織のあり方を解き明かすには、実際にそのなかへ飛び込み、課題を肌で感じることが必要です。社会学部では、仮説を立て現地で検証し、実態を知るというフィールドワークを重視。学部共通の実習だけでなく、各学科においても独自のテーマでさまざまな実習を実施しています。現場での実習に主体的に取り組みながら、人と人、人と自然、さらには人と社会の共存の実現をめざします。

実習先は日本各地に広がっています。
  • Real Stories
  • Real Stories
  • コミュニティマネジメント学科 3年生 松本 大暉さん (京都府立桃山高校 出身)

学部長メッセージ

橋や高層ビルはわざと“しなる”ように設計されています。それがないと、地震や強風などの衝撃で崩壊してしまうからです。人や集団、社会もおなじです。価値が多元化し、流動化する社会では、これまでの常識や硬直した考えかたは通用しません。複雑な社会的諸問題の理解と解決には、ひろく多面的な見方とモノゴトにたいする柔軟な思考がもとめられます。社会学はしなやかな学問。人間行動や社会のできごとを、トンボの目のように、いろいろな角度から複眼的にとらえて考察し、解決の方向性へと導きます。

SEE MORE


社会学部の「教育理念・目的」と「3つの方針」

建学の精神に基づいて、「平等」、「自立」、「内省」、「感謝」、「平和」の意味を深く理解し、豊かな人間性と共生(ともいき)の精神を涵養するとともに、人間教育、教養教育、専門教育を通じて、「広い学識」と「進取の精神」を持って人類社会に貢献する人間を育成する。

SEE MORE


4年間のプロセス

4年間のプロセス


  • Eye100
  • 社会共生実習 地域エンパワネット ~大津の町家、昔のくらし体験~
  • コミュニティマネジメント実習 ~ストックウォーキング教室~
  • 社会共生実習 地域エンパワネット ~大津の町家、昔のくらし体験~
    コミュニティマネジメント学科 2年生 木村 航さん(奈良県立平城高校 出身)
  • コミュニティマネジメント実習 ~ストックウォーキング教室~
    コミュニティマネジメント学科 3年生 鈴木 健さん(滋賀県 近江兄弟社高校 出身)

Request Information

資料請求