学部の特色

「現場主義」をキーワードに理論と実践を一体化

人が営む共同体である「社会」のあり方を学び、人と人、人と組織・社会とのかかわり、様々な社会問題を解き明かす社会学部では、学んだ理論を現場で検証し、その結果を理論に反映させる「現場主義」をキーワードに、実習・演習を重視したフィールドワーク主体の実践的な授業を行っています。

きめ細やかなサポートが可能な少人数教育

自主的な学修を深め、各自の興味や関心、問題意識を「社会学・社会福祉学」という学問にまで高めていくには、教員による適切なサポートが欠かせません。そのため、社会学部では少人数教育を取り入れ、必要に応じて教員が学生一人ひとりにきめ細かなサポートやアドバイスを行っています。

授業の理解度を高めるT.A.制度・L.A.制度

学修をすすめる上で特に大切な科目を対象に、同じ専攻の大学院生がサポートするT.A.(ティーチング・アシスタント)制度や、コンピュータ操作に詳しい上級生が情報処理実習の授業をサポートするL.A.(ラーニング・アシスタント)制度を設け、いつでも気軽に質問できる、きめ細やかな学修支援を行っています。

選択自由度の高いカリキュラム設定

社会学部では自分で学修テーマを決めて学び、お互いに発表しあって議論し、研究を深めていくという「自主的な学修」を重視しています。学びの主体はあくまでも学生一人ひとりなのです。それぞれの学生がやりたいことを見つけ出し、各自の関心や進路に応じて科目を選択できるカリキュラムを展開しています。

社会で実際に役に立つ多彩な資格が取得可能

社会学科では、行政や企業の社会調査活動を担う社会調査士、現代福祉学科では、社会福祉機関や施設において専門職として活躍できる社会福祉士(国家試験受験資格)、精神障がい者の保健・福祉活動に従事し援助・支援を行う精神保健福祉士(国家試験受験資格)をはじめ、社会で実際に役立つ様々な資格取得への道が開かれています。

取得可能な主な資格

社会調査士

社会学科

「一般社団法人 社会調査協会」が認定する社会調査士資格です。社会学科では、この資格取得のための課程を設置しています。

社会福祉士 (国家試験受験資格)

現代福祉学科

社会福祉士は、高齢者、子ども、障がいのある人などの生活上の問題に関する支援等を行い、社会福祉機関・施設などにおいて専門職として従事する際に、重要となる国家資格です。特別養護老人ホームや児童養護施設といった社会福祉施設の支援員、医療機関や相談機関などで福祉にかかわる専門職員として、活躍の場は多岐にわたっています。

精神保健福祉士 (国家試験受験資格)

現代福祉学科

精神保健福祉士は、精神障がいのある人の生活を支援し、リハビリテーションを促進するために、医療機関、精神障がい者福祉施設等に配置される精神科ソーシャルワーカー(PSW)に必要となる国家資格です。精神科ソーシャルワーカーは精神保健福祉やリハビリテーションについての幅広い専門知識・技術をもち、精神障がいのある人の充実した生活を支える重要なマンパワーです。

教員免許状(各学科において次の表の免許を取得可能)

学科 免許教科 免許状の種類
中学校教諭 高等学校教諭
社会学科 社会 一種免許状  
地理歴史   一種免許状
公民   一種免許状
コミュニティマネジメント学科 社会 一種免許状  
公民   一種免許状
現代福祉学科 社会 一種免許状  
公民   一種免許状
福祉   一種免許状
特別支援学校教諭一種免許状

このページのトップへ戻る