学部の取り組み

社会学部20周年記念事業

記念講演会と記念シンポジウムを開催。独自の研究活動と情報発信をめざす。

1989(平成元)年に開設された社会学部では20周年記念事業として、2008年10月25日に作家の五木寛之氏を招き「うつの力」と題する講演会を、翌26日には「社会的排除を考える-子ども・若者の場合-」をテーマにシンポジウムを開催しました。また、理工学部との共催で2008年7月19日に滋賀県知事の嘉田由紀子氏による講演会を実施。社会学部は社会学系と福祉学系からなり、とりわけ福祉学はわが国のパイオニア的存在です。それら両者の学術的交流をさらに深め、龍谷大学ならではの研究成果を広く内外に情報発信していきたいと考えています。

記念講演会と記念シンポジウムを開催。独自の研究活動と情報発信をめざす。

このページのトップへ戻る