Need Help?

Graduate School of Sociology

社会学研究科

研究科概要

社会学研究科は戦前からの歴史と伝統を受け継ぎ、新しい時代の要請にこたえて、現代社会の諸問題を調査、分析し、創造的な理論構築をはかってきました。
研究科の特徴は高度専門職業人と研究者養成の二つを統一的に目指しているところにあります。社会学専攻は専門社会調査士や職業ジャーナリストを目指す理論と実践の両面を統合化するカリキュラムがあります。社会福祉学専攻は社会福祉の高度専門職養成を目指し、実習、演習を重視しています。また、両専攻は共に、これからの次代を担う研究者養成を使命にしており、多彩な教授陣とカリキュラムで理論、実証、応用を総合的に研究できるようにしています。

SEE MORE


研究科長メッセージ

龍谷大学社会学部は、教学の基本に「現場主義」を掲げています。そして、皆さんが学ぶ龍谷大学大学院社会学研究科も同じく「現場主義」を掲げています。
しかし、なぜ私たちは「現場主義」を掲げるのでしょうか。自然科学にしろ、社会学や社会福祉学などの社会科学にしろ、それらが科学である以上、研究対象の「現実」の姿を知ることは大変重要です。「現実」の姿を現場において知り、それを「理論」と「実践」に反映させる。それを何度となく繰り返す。この繰り返しによって「科学」は進化していきます。しかし、「現場主義」の名の下に私たちが考えているのはこれだけに止まりません。

SEE MORE


社会学研究科の教育理念・目的


学年暦

Request Information

資料請求