最新情報

全国規模の映像コンテストで3年連続受賞

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2017年4月5日

 ACジャパン(旧公共広告機構)が主催する、公共マナーをテーマにした30秒のテレビCMを作る映像コンテスト「第13回 ACジャパンCM学生賞」において、 全国186の応募作品の中から、社会学部コミュニティマネジメント学科の学生が制作した映像作品が「奨励賞」を受賞しました。本学部では、昨年に引き続き3年連続の受賞です。

【制作メンバー】
社会学部コミュニティマネジメント学科3回生
山田 寿美香

【作品内容】
「“らしさ”と“みため”は違う」というキャッチフレーズを元に、制作者自身の甥を主人公として、性同一性障害をテーマにした作品です。

 同賞に応募したテレビCMは、本学部コミュニティマネジメント学科の正課科目である「ビデオ制作II」(担当教員:松本章伸)の最終課題で、アクティブラーニングの一環として制作した作品です。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る