最新情報

龍谷大学「北船路米づくり研究会」が「かかし祭り」を開催! ~龍谷大学生が農村コミュニティの「人」や「暮らし」を学ぶ~

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2012年8月10日

龍谷大学(大津市瀬田)社会学部 脇田健一ゼミナールで結成した「北船路米づくり研究会」が、9月2日(日)14時より、琵琶湖を一望する比良山麓の棚田(大津市八屋戸北船路)において、北船路の自治会及び中山間地域管理組合のご理解をいただき、「かかし祭り」を開催します。
棚田の農道にかかしを並べ、ご参加いただいた方々に、自然豊かな風景を楽しんでいただくともに、「北船路米づくり研究会」が生産している「龍大米コシヒカリ」の棚田や「北船路野菜市」(丸屋町商店街)に出荷していただいている生産農家の畑の見学ツアーをおこないます。また、「かかし祭」終了後には指導農家との交流会等も開催します。
なお、毎年、大津市観音寺にある「みつばち保育園」の園児さんたちが、北船路に田植えやイモ掘りの遠足に来られていることから、8月23日(木)には、同保育園にて「かかしづくり教室」を開催し、研究会の龍大生と園児さんたちが一緒になり、かかしの製作に取り組みます。



  開催日時: 9月2日(日) 14:00~19:00
  場  所: 大津市八屋戸北船路
  参 加 費: 500円(バス代金、飲み物代金)※交流会参加の方は、別途500円が必要です

【 かかし祭り当日の流れ 】雨天の場合は内容に変更あり
<9月2日(日)> 
  14:00集合 京阪浜大津駅もしくはJR大津駅からチャーターバスにて北船路へ
          (道中、引率ガイド(学生)から「北船路米づくり研究会」の活動を紹介します)

  15:00 北船路着 棚田のてっぺんへ。
       (区長 猪飼良治さんからご挨拶。その後、北船路の歴史等についてご紹介します)

  15:30 学生ガイドの北船路見学ツアー開始。
       (生産農家の農園見学、収穫体験)

  17:00 ツアー終了 
       交流会の開催 別途食事券(500円)の購入が必要です。
       (北船路産野菜の試食会やかき氷の販売、プチ直売所の開催。)

  18:00~19:00 かかし祭り終了
             チャーターバスにて京阪浜大津駅、JR大津駅へ

【 かかし作り教室 】
  開催日時: 8月23日(木)9:30~(1時間半~2時間程度)
  場  所: 「みつばち保育園」
         http://www.ans.co.jp/n/mitsubachihoikuen/

  「北船路米づくり研究会」の活動:
北船路の農村コミュニティでは、後継者が不足し、農家が高齢化するなどの問題を抱えています。また、農作業をおこなう上で条件的に不利な「棚田」という 農地を、どのように保全していくかという課題が顕在化しています。
これまで、社会学部では、「大津エンパワねっと」※滋賀県大津市域が抱える様々な課題や地域の活性化をテーマに研究活動をしてきましたが、脇田ゼミの、この北船路米づくり研究会では「農村の活性化」に焦点をあて、学生と指導農家との交流(農学連携)の中でその手がかりを探るべく、2010年度より地元・北船路の農家の指導を受けながら、コシヒカリ米や夏野菜や里芋をつくる農作業を経験しています。農作業を経験だけではなく、生産者と消費者との「顔の見える関係」や、付加価値のある「食」、安心・安全の「食」を確保するためのローカルフードシステム の重要性についてもあわせて学び、生産・流通に加えて、その背後にある農村の暮らしや、農村コミュニティの活性化についても、視野を拡げています。
 なお、生産した米や 里芋は、学生が自ら京都のレストランやカフェに出荷し、「龍大米」・「龍大芋」として好評を博し、2011年からは、大津市中心市街地(丸屋町商店街)において「北船路野菜市」に出品しています。

本件に関する問い合わせ…社会学部(脇田ゼミナール) 電話:077-543-7623 FAX:077-543-7615

大津エンパワネット

プレスリリース本文(ファイル形式pdf サイズ257kb)

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る