龍谷大学

社会学部 共生社会研究センター

HOME > 学部・大学院・短大 > 学部 > 社会学部 > 共生社会研究センター

共生社会研究センターの理念

龍谷大学社会学部は1989年に設立され、2008年に20周年を迎えました。この間、社会学部では「現場主義」という理念に基づき、教育と研究に力を注いできました。このたび、20周年という節目を迎えるにあたり、改めてこの「現場主義」という理想に立ち返り、社会に開かれた形で「実践知」を創造し、人材を育成し、卒業生ならび地域社会との教育研究ネットワークの形成することを目的に、2009年4月から「共生社会研究センター」を設立しました。今後、さまざまな研究プロジェクトやシンポジウムを企画しています。

概要

名称 共生社会研究センター
目的 社会学部・社会学研究科における「共生社会」研究及びその成果の発信
事業内容 共生社会に関わる研究とその成果の発信
卒業生および地域社会との教育研究ネットワークの形成と諸活動
「共生社会」に関する教育と人材の育成等
センター長 佐藤 彰男(社会学部教授・社会学部研究主任)

▲このページのトップへ戻る

このページのトップへ戻る