地域福祉学科

植松 美帆さん
地域福祉学科 卒業
大津市社会福祉協議会 在職中(取材当時)

「ゼミ連絡会」の運営に注力

―― 龍谷大学在学中、もっとも力を入れていたことを教えてください。

授業時間はもちろんのこと、アルバイトや授業時間外のさまざまな活動にも積極的に参加していました。
地域福祉学科の学生有志で立ち上がった、現場を学ぶ「百聞は一見にしかず合宿」の企画・参加や、地域福祉学科・臨床福祉学科の「ゼミ連絡会」の運営などは、特に力を入れて取り組みました。
新しい企画の立ち上げや運営にはさまざまな苦労があり、ときには投げ出したくもなりましたが、成功したときの達成感や感動は今でもはっきりと覚えています。
時折、仕事で大学を訪れ、在学生のみなさんと接する機会がありますが、これらの活動が今でも受け継がれていることを知り、嬉しく思っています。

植松 美帆さん

福祉事務所での現場実習で課題意識を持つ

―― 龍谷大学での授業や実習等でもっとも印象に残っていることは何ですか?

3年時の社会福祉士の受験資格を得るための現場実習は、福祉事務所で学びました。当時は厳しいとも感じましたが、事前の実習指導のきめ細かさのおかげで課題意識をしっかり持ちながら取り組むことができ、とても充実した実習となったことが印象に残っています。
学びのフィールドとなった大津市で卒業後も働くことになり、6年目に入りました。実習の際に出会った方々と、一緒に仕事をさせていただく機会も多くあります。

祉事務所での現場実習で課題意識を持つ

現場実習で社会人の基礎スキルを学ぶ

―― 大学で学んだことが社会人となって役立ったことは?

地域福祉学科の先生方は、机の上や大学内での学習だけでなく、現場を知ることの大切さを熱心に語ってくださいました。グループワークやフィールドワークに取り組むうちに、連絡調整・コミュニケーション・連携など、社会人としての基盤となるスキルが自然と身についていました。
当時は気付きませんでしたが、今となってはとても有りがたい経験となっています。大学の教職員の方々や先輩、そしてさまざまな活動で出会った地域の方々に育てていただき、今の私があることにとても感謝しています。

OB訪問会で目標となる先輩に出会う

―― 就職活動中、役立った龍谷大学の就職支援(キャリアプログラム)は?

福祉分野での就職を希望していたため、国家試験の受験対策を先に進めたこともあり、就職活動は遅めのスタートとなりました。不安や迷いが大きく、これでいいのかなと自問自答しながら、OB訪問会などの企画に恐る恐る参加していました。そこで目標となる先輩の姿に出会ったことで、ナーバスになりがちな就職活動の時期にもモチベーションを保ち、最後まであきらめずに走りつづけることができました。

福祉の専門職を龍谷大学で

―― 龍谷大学をめざす受験生に一言!

福祉を取り巻く環境が大きく変わっている今、地域には制度だけでは解決しない課題がたくさんあります。そのような課題に地域の方々と共に、どのように取り組んでいくのか。コミュニティソーシャルワークに注目が集まっています。福祉の専門職、とくに地域をつなぐコミュニティソーシャルワーカーを目指す方は、地域福祉学科で、その理論と実践を身につける充実した学生生活を送ることができると思います。

このページのトップへ戻る